綾部祐二さんが実体験に基づき電子署名を訴求する新CM、11月1日(火)よりオンエア開始

ドキュサイン・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2022-11-06 01:40

ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:ドキュサイン)は、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動する綾部祐二さんを起用した、日本初となるTV CMを含むプロモーション「これからは、ドキュサイン by 綾部祐二」を、11月1日(火)より順次展開することを発表します。



[画像1: (リンク ») ]



●CM/プロモーション制作・展開の背景

ドキュサインは、世界で最も使用されている電子署名サービス「DocuSign eSignature」を提供しており、企業・組織の業務効率化やコスト削減、DX推進を支援し、ビジネスから日常生活まで、あらゆる合意・契約においてユーザーの利便性向上に寄与しています。ドキュサインの電子署名は、日本のハンコ文化にも対応しており、ほぼすべての場所から、いつでもデジタルでの押印が可能です。今回のCM/プロモーションを通して、ビジネスパーソンに対して、紙やハンコにまつわる課題を電子署名サービスが解決することを訴求し、ペーパーレスや脱ハンコの意識が醸成されることを目指しています。

●CM/プロモーションの概要

タイトル:「これからは、ドキュサイン by 綾部祐二」
出演者:綾部祐二さん
放映およびプロモーション開始日:2022年11月1日(火)より順次放映、展開

放映チャンネル:
・TV CM
・東京メトロ(メトロビジョン)
・その他広告各種
・ドキュサイン・ジャパン公式SNSアカウント(YouTube、Facebook、Twitter、LinkedIn)

見所:20代の頃、綾部さんの身に起きた実話をベースに、誰もが一度は経験したことがあるハンコあるあるを契機として、電子署名の便利さを伝えます。

●CM/プロモーション 特設サイト 動画

特設サイト: (リンク »)

YouTube URL:
・90秒: (リンク »)
・30秒: (リンク »)
・15秒: (リンク »)

●CM/プロモーションのストーリー

初デートの時間が迫る中、仕事の大事な契約書にハンコを押さなければならないことを思い出した綾部さん。ハンコを探すもなかなか見つからない、朱肉が乾いていてうまく押せない、ようやく押印して約束の場所へ。

[画像2: (リンク ») ]


しかし、彼女は開口一番「なんか赤いの付いているよ」。新調したばかりの真っ白なシャツに朱肉がついってしまっているのに気づく綾部さん。

[画像3: (リンク ») ]


ドキュサインの電子署名だったらいつでもどこでもオンラインで契約できるから、こんな恥ずかしい思いをしなくてよかったのに。「これからは、ドキュサイン」。

[画像4: (リンク ») ]


●綾部祐二さんも利用するドキュサインの電子署名

アメリカに移住して5年になる綾部さんは、引っ越し先の物件契約など、さまざまな場面でドキュサインを利用していると話します。

[画像5: (リンク ») ]


「ドキュサインの電子署名は安心して利用できますね。『あ、ドキュサインでサインするのね。はい、これで』って、ポンってすぐにサインしてしまいます。もう、電子署名は当たり前のものって感じです。ハンコの文化も大切ですけど、今はオンラインでの契約が当たり前の世の中になっているんですよ。今回お仕事させてもらったからってわけではないですけど、今すぐ電子署名を取り入れるべきです。日本でもほとんどの方がスマホを使っているので、(いろいろなデバイスで使える)ドキュサインの電子署名なら簡単に使えますし。“これからは、ドキュサイン”ですね。」(綾部祐二さん)

●CM撮影裏話

ロサンゼルスで行われた撮影。CM撮影は秒数が決まっているので、コンビでネタをやっている時の“時間と勝負している感じ”を思い出したそうです。「紙からデジタルへ」を表現した紙を投げるシーンでは、周囲のスタッフも歓声をあげるほどの命中率。「小・中・高とずっと野球やっていたので、まあ、それぐらいのところは(笑)」と綾部さんは話します。綾部さんのコミカルでリアルな表情をお楽しみください。

●綾部祐二さんインタビューブログ

URL: (リンク »)

●綾部祐二(アヤベユウジ)さんプロフィール

2000年デビュー、03年、又吉直樹とお笑いコンビ「ピース」を結成。10年にブレイクを果たし、一躍人気タレントに。人気絶頂の16年、アメリカに拠点を移すことを発表。9本あったレギュラー番組すべてを降板し、17年10月にニューヨークへ移住。
22年5月には渡米5周年を機にロサンゼルスへ移動し、書籍『HI, HOW ARE YOU?』を出版、YouTubeチャンネル『YUJI AYABE from AMERICA』を立ち上げるなど、夢の実現に向け精力的に活動している。

■DocuSign / ドキュサイン・ジャパン株式会社について

米国に本社を持つDocuSign(ドキュサイン)は、企業や組織が契約システムと繋がり、合意・契約を自動化することをサポートしています。ドキュサインは、実質的にあらゆるデバイスから、ほぼすべての場所で、いつでもデジタルで署名が可能な、世界で最も優れた合意・契約の方法である電子署名サービスを提供しています。現在、180カ国以上の100万社以上のお客様、10億人を超えるユーザーがドキュサインのプラットフォームを活用し、ビジネスのプロセスを加速し、生活の簡素化を進めています。

ドキュサイン・ジャパン株式会社は、米国のDocuSign Inc.の日本法人です。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

ドキュサインのご利用、ご購入、ならびに技術的な質問に関しては、お問い合わせ窓口 (リンク ») までご連絡ください。また、ドキュサインや電子署名、合意・契約のデジタル化に関するブログは (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ドキュサイン・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]