『my route』、AI活用型オンデマンドバス『のるーと』に対応したルート案内が可能に

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2022-11-01 14:30

~オンデマンドモビリティの運行時間帯を考慮できる『NAVITIME API』により実現、利用者増と満足度向上へ~

トヨタファイナンシャルサービス株式会社(代表取締役社長:頃末 広義、本社:愛知県名古屋市)、株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)、西日本鉄道株式会社(代表取締役社長執行役員:林田 浩一、本社:福岡県福岡市)、ネクスト・モビリティ株式会社(代表取締役社長 兼 COO:田中 昭彦、本社:福岡県福岡市)は、2022年11月1日(火)より、マルチモーダルモビリティサービス『my route』にて、AI活用型オンデマンドバス『のるーと』に対応したルートの提供を開始いたします。



 『my route』はこれまでも『NAVITIME API』の経路探索技術を活用し、徒歩、鉄道、バス、飛行機、車(タクシー、レンタカー、自家用車)、自転車(シェアサイクル、自家用自転車)など様々な移動手段を組み合わせたルートを提供してまいりましたが、この度、『NAVITIME API』で新たにオンデマンドモビリティの運行時間帯を考慮したルート検索が可能になったことにより、『のるーと』を含んだマルチモーダルルートの提案が可能になります。
 対応エリアはアイランドシティエリア(福岡市東区)で、『my route』のルート検索にて『のるーと』を含む経路が表示された際は、検索結果からそのまま予約専用アプリに遷移し、予約を行うことができます※1。

 『のるーと』は、お客様のリクエストに応じて運行する乗合型交通で、予約時に配車時間が決まるので、あらかじめ決まったダイヤがありません。そのため、ルート検索時に運行時間帯を考慮することで、早朝や深夜などの運行時間外にはルート検索結果に『のるーと』が表示されないようにしています。
[画像: (リンク ») ]

 本対応を通じて、『my route』を利用する中で自然とオンデマンドモビリティのサービスを体感いただくことで、利用者へのより快適な移動体験の提供と満足度の向上、また、オンデマンドモビリティの認知向上や利用促進に繋がると考えております。

 今後も、『my route』では、『のるーと』の宗像エリア、壱岐南エリアなど、『my route』の対象エリア内のオンデマンドモビリティへ対応することで、利用者の更なる利便性向上を図ってまいります。『NAVITIME API』でも、オンデマンドモビリティの様々な運行形態に柔軟に対応したルート検索ができるよう、技術開発を進めてまいります。

※ 予約には『のるーと』アプリのダウンロードと登録が必要です。実際の出発/到着時刻は、配車予約確定後に『のるーと』アプリにて確認できます。

『my route』について

紹介サイト: (リンク »)


『NAVITIME API』について

ルート検索やスポット検索、地図表示などの機能を、APIにて法人向けに提供するサービスです。お客様の業務システムやWebサイト、スマートフォン向けアプリなどに簡単に組み込み連携させることが可能です。
・紹介サイト: (リンク »)

なお、運行時間を考慮したオンデマンドモビリティを含むマルチモーダルなルート検索機能はWebコンテンツでも提供しており、API同様にお客様のWeb サイトやアプリに機能を追加いただけます。

AI活用型オンデマンドバス『のるーと』について

お客様のリクエストに応じて適宜ルートを設定しながら運行する乗り合い型の交通サービスです。AIが利用データを蓄積・学習することで、より効率的な運行が可能となっており、さらに、普通二種免許での運転が可能なためドライバー採用の裾野が広がり、バス乗務員不足解消にも期待できます。
ネクスト・モビリティ(株)では、『のるーと』のオペレーションの仕組みや導入・運営ノウハウの全国展開(ソリューション提供型事業)を行っており、福岡県5箇所、県外6箇所などにサービスを展開中。
・紹介サイト: (リンク »)

※「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]