凸版印刷、DeNAとアバター生成管理基盤「AVATECT(R)」の実証実験を開始

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2022-11-07 15:46

コンテンツホルダーのメタバース活用に向けた技術検証を DeNAが開催するメタバースイベント「Mobage 3D Park」で実施

 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡村 信悟、以下DeNA)と共同で、メタバース空間におけるアバターの真正性付与/証明に関する公開実証実験を実施します。



 具体的には、DeNAが開催するメタバースイベント「Mobage 3D Park」の参加者が、凸版印刷が提供するアバター生成管理基盤「AVATECT(R)」を活用して、真正性情報をアバターに付与できるようにします。
本実証を通じて凸版印刷は、コンテンツホルダーが抱えるメタバース活用の課題である、アバターの不正コピー防止を始めとした著作権保護効果や、真正性付与アバターの挙動に関する技術検証などを実施します。
[画像1: (リンク ») ]

■ 実証実験の背景
 メタバース市場への関心が急速に高まる中、国際的な倫理規定や新たな技術に対するルール策定が進んでいないことに起因したリスクがメタバース普及の大きな課題になっており、匿名性の高いキャラクターアバターの不正利用や、バーチャル店舗における店員や窓口職員などの接客業務におけるなりすまし等の、新たなリスクが考えられます。このような中で凸版印刷は、アバター本体の管理や本人認証に加え、アバターに電子透かしや、NFT(非代替性トークン、Non-fungible token)を付与する、アバター生成管理基盤「AVATECT(R)」を2022年2月に開発。メタバースに参加する個人や企業に安全/安心な体験や経済活動の場を提供することを目指しています。
 この度、DeNA が運営するSNS「Mobage(読み:モバゲー)」で提供しているアバターを、メタバース空間で利用できるイベント「Mobage 3D Park」が2022年11月7日よりプレオープンします。本イベントの中で「AVATECT(R)」の公開実証実験を行う事で、コンテンツホルダーのメタバースビジネスにおける課題抽出や、その課題に対する「AVATECT(R)」の有用性を検証します。

■ 実証実験の具体的な内容
 本実証では、ユーザーが、あらかじめダウンロードしたアバターを「AVATECT(R)」 に登録し、電子透かしによる真正性情報を付与するなどした後、「Mobage 3D Park」に参加することで、アバターの流出/改ざんを抑止できたかなどの具体的な効果を検証します。

・実証実験期間: 2022年11月7日(月)9:00~2022年11月11日(金)18:00

・検証内容: 一般ユーザーのUX検証/アバターの真正性付与技術の検証/アバターのデータプロテクション機能に対するニーズの把握/「AVATECT(R)」の有用性の検証

・実証実験の手順
1 「Mobage」のサイトよりアバターをダウンロードする
2 ダウンロードされたアバターを、「AVATECT(R)」へアップロード
(ユーザーは「AVATECT(R)」の利用可否を選択可)
3 「AVATECT(R)」にて、真正性情報を付与
4 真正性情報を付与されたアバターをメタバース空間にアップロードし利用
5 真正性付与アバターを持っているユーザー同士は、確認コードを交換することで、アバターの真正性情報に関する内容確認が可能。

・実証実験用「AVATECT(R)」URL
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

■ 今後の目標
 凸版印刷は、「AVATECT(R)」での保護対象を、フォトリアルアバターだけでなくキャラクターアバターにも拡張させ、メタバース事業におけるIP保有企業とのさらなる連携を強化していきます。そして、時間/空間/身体的な制約を超えて人々の活動が広がる、メタバースを起点にしたエコシステム形成及び国際標準化を目指し、2025年度までに メタバース関連事業として100億円の売り上げを目指します。

■ 「AVATECT(R)」について
 「AVATECT(R)」は、アバター本体と関連するメタ情報を紐づけた保管に加え、電子透かし等の付与により、オリジナルと偽物を判別できるようにし、アバターの真正性を確保しています。さらに真正性が担保されたアバターのNFT付与などにより、Web3.0時代に向け、安全・安心なデジタル空間を構築し、参加する個人や企業に新たな体験や経済活動の場を提供することを目指しています。

■ メタバースイベント「Mobage 3D Park」について
 「Mobage 3D Park」は、「Mobage」をモチーフにした3D空間です。「Mobage」ゆかりの展示物や、『怪盗ロワイヤル』『農園ホッコリーナ』など大人気のゲームブースも用意しており、展示物とアバターで記念撮影することが可能です。本公開は2023年初頭を予定していますが、プレオープンとして、2022年11月7日(月)9:00~2022年11月12日(土)18:00の期間、一部コンテンツを体験することが可能です。
URL: (リンク »)

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]