【六本木 蔦屋書店・名古屋みなと 蔦屋書店】「Be.Okinawa 沖縄を、浴びよう。」フェア開催

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

From: PR TIMES

2022-11-08 11:00

沖縄観光ブランド「Be.Okinawa」とのコラボレーション企画「Be.Okinawa フェア&イベント」が11月11日(金)から順次展開!

沖縄県と六本木 蔦屋書店(東京都港区)、名古屋みなと 蔦屋書店(愛知県名古屋市)は、 “沖縄を、浴びよう。” をテーマに、11月11日(金)から順次、「Be.Okinawa フェア&イベント」を開催いたします。さらに、11月19日(土)には、沖縄で生まれ沖縄民謡とともに育った歌手の上間綾乃さんの演奏をお聴きいただけるオンライン配信イベントも開催します。



[画像1: (リンク ») ]


詳細リンク
六本木 蔦屋書店: (リンク »)
名古屋みなと 蔦屋書店: (リンク »)



Be.Okinawaとは: (リンク »)

Be.Okinawaは、沖縄の魅力を県民が再認識し、世界に向けて発信する、沖縄観光ブランドです。
「Be.Okinawa」の「Be」とは、「そこにある、存在する」を表し、行動を促す言葉です。「Be.Okinawa」は、旅する人が沖縄の空気や風景に溶け込み、そこに暮らす人々と交流し、心を通わせること、沖縄を訪れる方々が、「美しい自然とあたたかい人たちに囲まれて、本当の自分を取り戻せる島」であることを表しています。



「Be.Okinawa 沖縄を、浴びよう。」フェア

11月11日(金)から六本木 蔦屋書店、14日(月)から名古屋みなと 蔦屋書店にて、 “沖縄を、浴びよう。” をテーマに「Be.Okinawa」フェア&イベントを開催いたします。
今、注目の沖縄の作り手の作品が購入できるほか、沖縄の人気ショップ 「島の装い。STORE」が出張出店します。

【フェア1.】今、注目の作り手たち(六本木 蔦屋書店)
フィガロ12月号に掲載される、今、注目の作り手たち。伝統的なものづくりを継承しながらも、次世代に繋ぐ文化にするために実用的なプロダクトへと使い方を広げたり、焼いた後に割れた器を土に還す再生陶器に取り組んだりと、その新しい挑戦が注目される3名の作品を紹介します。
陶芸家 紺野乃芙子さんは、沖縄の土にこだわり、自らの手で粘土作りをした力強いうつわが現在圧倒的な人気を誇ります。琉球古典焼に着想を得たエキゾティックな佇まいのうつわや、土の色合いを残したダイナミックなうつわ。そんな彼女の作品が六本木 蔦屋書店でご購入いただけます。
4年前に沖縄に移住し、琉球紙の数少ない職人を訪ね歩き、紙作りの技術を会得した琉球紙職人、TSUTO主宰の坂奈津子さん。フェアでは、ほのかな光が心地よい芭蕉紙の照明を展示し、雑貨の販売も予定しています。
約30年間、沖縄で首里織を織り続けてきた首里織職人、首里織U工房主宰の上間ゆかりさんからは、花倉織の帯をお借りし展示いたします。
また、蔦屋書店が注目する作り手として、木工房「平と米の制作所=平米」の作品販売をいたします。

[画像2: (リンク ») ]

(写真左から、紺野乃芙子さん作品、坂奈津子さん作品、上間ゆかりさん作品、平と米の制作所作品)


【フェア2.】「島の装い。STORE」が選ぶ ストーリーが宿る沖縄のもの(六本木 蔦屋書店、名古屋みなと 蔦屋書店)
沖縄を拠点に活動する編集者セソコマサユキさんが主宰する「島の装い。STORE」が選ぶ、ストーリーが宿る沖縄のものを紹介します。都心ではなかなか手に入らない沖縄のちいさなカフェの独自商品や、「島の装い。STORE」のオリジナル商品まで、沖縄本島・離島の“ものづくり”をお楽しみください。

[画像3: (リンク ») ]

(写真左から、編集者 セソコマサユキさん、宮古島の素材がぎゅっと詰まったアロマバー「香りの封(foo)」、クバカゴに調味料などを詰めたオリジナルギフトボックス)



フィガロジャポン×Be.Okinawa オンラインイベントも開催!

配信先: (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


「My Okinawa, My Story with music 沖縄の物語を語る音楽とともに」
ゲストは、沖縄で生まれ沖縄民謡とともに育った歌手の上間綾乃さん。沖縄在住歴もある音楽ライター兼選曲家の栗本斉さんとともに、沖縄音楽の魅力を語っていただきます。
当日は、六本木 蔦屋書店 2F The Loungeから生配信。
上間さんによる演奏と共に、沖縄のカルチャーを感じてください。

□開催日時:11月19日(土) 14:00~15:00
□場所:六本木 蔦屋書店 2F The Lounge
□オンラインでの参加は下記のYouTubeリンクからご覧ください。
(リンク »)



FIGARO 2022年12月号概要:『VOYAGE TO OKINAWA 物語に魅せられて、沖縄。』


[画像5: (リンク ») ]


発売日:10月20日(木)
発行:株式会社CCCメディアハウス
概要:
ここで生まれ育った人にとっても、ここに訪れた人にとっても、「沖縄は、懐が深い。」
一度でも沖縄と向き合ったことがある人なら、そう感じるはずだ。
地元っ子も魅せられた移住者たちも、沖縄の緑深い森と澄みきった紺碧の海、長い歴史に育まれた土地の物語や、人々の大らかな生き方に、新しいインスピレーションを得る。サステイナブルな暮らしは、いま地球が目指している在り方。伝統をリスペクトしながら進化したモダンな工芸品は、デザインの目利きに評価され愛されている。
魅せられる場所、沖縄――その物語を求めて。
*黒島結菜、沖縄が教えてくれたこと。
*伝統と革新を織り交ぜて、島食材が紡ぐおいしい文化。
*風土や自然から着想する、注目の作り手たち。
*離島のアクティビティで、美しい自然と向き合う。
*リズムと独特のサウンドと! 沖縄音楽の魅力。
Etc.

参照: (リンク »)
特設サイト「My Okinawa, My Story. 沖縄に魅せられて」
(リンク »)


イベント概要

六本木 蔦屋書店
会期 2022年11月11日(金)~11月20日(日)
時間 9:00~23:00
場所 1F ROPPONGI ATRIUM、1F入口正面柱平台
URL (リンク »)

名古屋みなと 蔦屋書店
会期 2022年11月14日(月)~11月27日(日)
時間 9:00~20:00
場所 1F特設展示スペース
URL (リンク »)

主催 沖縄県
共催・協力 六本木 蔦屋書店、名古屋みなと 蔦屋書店、株式会社CCCメディアハウス
お問合せ先 六本木 蔦屋書店 03-5775-1515/名古屋みなと 蔦屋書店 052-387-6800



店舗情報


[画像6: (リンク ») ]

六本木 蔦屋書店
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-11-1六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り
TEL:03-5775-1515(代表)/営業時間:9:00~23:00(2Fは11:00~23:00)
HP: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Instagram: (リンク »)


[画像7: (リンク ») ]

名古屋みなと 蔦屋書店
住所:〒455-8501名古屋市港区港明2-3-2 ららぽーと名古屋みなとアクルス 別棟
TEL:052-387-6800 (代表)/営業時間:9:00~20:00
HP: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Instagram: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]