HENNGE、自社完結型の標的型攻撃メール訓練サービス「tadrill(タドリル)」を提供開始

HENNGE株式会社

From: PR TIMES

2022-11-10 13:46

HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、実践的な訓練と運用フローの構築を通じて標的型攻撃から企業を守る、自社で完結できる自走型の標的型攻撃メール訓練サービス「tadrill(タドリル)」を、2022年11月10日より提供開始することを発表します。



[画像1: (リンク ») ]

近年、特定の企業や組織を狙ったサイバー攻撃「標的型メール攻撃」は増加傾向で、「従業員のセキュリティ意識を向上させたい」「不審なメールを受信した際の運用を明確化し、定着させたい」という企業のニーズは高まっています。
一方で、一般的な訓練代行サービスはベンダーとの打ち合わせが必要なため、実施までに準備期間がかかるほか、基本的に訓練は単発実施のため効果が薄く、さらに訓練を実施しても、取得できる情報はクリック率(誰が不審なメールのリンクを開いたか)のみ、といった課題がありました。

tadrillは、上記の課題を解決する新しい標的型攻撃メール訓練サービスです。企業の情報システム担当者が自社の従業員に対し、標的型攻撃メール受信時のシミュレーションを行える「tadrill training」と、従業員が不審なメールを2クリックで情報システム担当者に報告する習慣の定着を促す「tadrill alert」の、二つの機能で構成しています。

各機能には、以下のような特長があります。



主な特長


【tadrill training】
1)定額で何回でも、お客様のタイミングで訓練できる
一般的な訓練代行サービスと異なり、セルフサービス(自走)型の訓練サービスのため、効果が定着するまで定額で何回でも、お客様のタイミングで訓練を行えます。

2)複数の実践的なメールテンプレート
不審なメールのテンプレートを複数用意しているので、お客様はそこから選ぶだけで目的に合わせた訓練が可能です。

3)準備期間不要
ベンダーとの打ち合わせが必要な一般的な訓練代行サービスと異なり、準備期間もかかりません。

【tadrill alert】
1)不審なメールを手軽に報告できるアドオン
Gmail、Exchange Onlineでのアドオンを提供しているため、不審なメールを受信した際は、わずか2クリックで情報システム担当者に報告できます。

2)クリック率に加えて「報告率」を記録
Gmail、Exchange Onlineでのアドオンを使うことで、「誰が不審なメールのリンクを開いたか」というクリック率だけでなく、「誰が管理者に報告したか」という報告率も取得可能です。報告率をもとに従業員のセキュリティ意識を定量的に評価できます。

3)報告されたメールのステータス管理
従業員から報告された不審なメールは専用画面でステータス管理ができ、漏れなく対応を行うことができます。

tadrill alertご利用イメージ


[画像2: (リンク ») ]



ご提供プラン


・tadrill training:標的型攻撃メール受信時のシミュレーションを行えるプランです。
・tadrill alert:従業員が不審なメールを受信した際に、わずか2クリックでの報告を可能にするプランです。
・tadrill suite:tadrill training と tadrill alert のすべての機能を含むプランです。

価格は利用ユーザー数によって異なりますので、お問い合わせください。
詳細はこちら: (リンク »)

※まずはHENNGEの主要サービスである「HENNGE One」をご利用中の企業様を対象に提供を開始し、その後順次提供対象を拡大する予定です。



ご利用の前提条件


Microsoft 365 または Google Workspace のメールを利用していること



HENNGE株式会社について


1996年11月に設立。「テクノロジーの解放で世の中を変えていく」を理念に、テクノロジーと現実の間のギャップを埋める独自のサービスを開発・販売しているSaaS企業です。複数のクラウドサービスのID/パスワードを統合管理するクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」をはじめ、クラウド型メール配信サービス「Customers Mail Cloud」、自治体と住民対象の双方向コミュニケーションサービス「SumaMachi」を提供しています。2019年10月、東京証券取引所マザーズ市場に上場。2022年4月、東証グロース市場に移行。
社名の「HENNGE(へんげ)」は「変化(HENNKA)」と「チャレンジ(CHALLENGE)」を組み合わせ、あらゆる変化に挑むとの決意を表しています。

会社名:HENNGE株式会社
証券コード:4475
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長 小椋 一宏
URL: (リンク »)


<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Division
TEL:03-6415-3660
E-mail:info@hennge.com 担当:矢野

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]