LGBTQに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」において6年連続ゴールドを獲得

NTTアドバンステクノロジ株式会社

From: PR TIMES

2022-11-11 15:46

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊東 匡)は、任意団体 work with Prideが策定した、企業のLGBTQに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」※に今年度も応募しておりましたが、2022年11月10日(木)開催の『work with Pride 2022』カンファレンス(主催:work with Pride 2022 実行委員会)において、企業等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを推進していることなどが評価され、最上位のゴールド獲得企業として6年連続で表彰されました。



[画像: (リンク ») ]

NTT-ATは、NTTグループの一員として、社員一人ひとりの多様な価値観や個性を尊重し活用するダイバーシティ・マネジメント推進を重要な経営戦略の一つに位置付けています。

今回の「PRIDE指標」最上位のゴールド6年連続獲得を励みに、今後ともLGBTQの当事者が働きやすい職場づくりに向け、取り組みをより一層強化してまいります。


※PRIDE指標
⇒ 任意団体 work with Prideが策定した、企業のLGBTQに関する取り組みを評価する指標。
指標1 Policy:行動宣言
指標2 Representation:当事者コミュニティ
指標3 Inspiration:啓発活動
指標4 Development:人事制度・プログラム
指標5 Engagement/Empowerment:社会貢献・渉外活動

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

NTTアドバンステクノロジ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]