『ツーリングサポーター』、「Apple CarPlay」に対応!

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2022-11-15 11:10

バイク専用ナビゲーションを、視認性に優れた車載ディスプレイで操作可能に

株式会社ナビタイムジャパン(代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区)が提供する、バイク専用ナビゲーションアプリ『ツーリングサポーター』が、2022年11月15日(火)より、「Apple CarPlay」に対応いたします。



[画像1: (リンク ») ]

昨今、インターネットに接続できる機能を搭載した自動車・コネクテッドの普及が進んでいますが、二輪市場においてもBluetooth(R)やW-Fi等でスマートフォンと“つながるバイク”が増えてきています。ユーザーからも多くのご要望をいただいており、この度の対応に至りました。

「Apple CarPlay」への対応により、車載ディスプレイと連動することで、バイク車両において、車載ディスプレイに最適化されたUIでのルートの表示および案内が可能になるため、より高い視認性、操作性でご利用になれます。走行中の振動による、バイクからスマートフォンが落下するなどといった不安も解消されます。

『ツーリングサポーター』では、タンデム規制や排気量を考慮したルート検索ができ、目的地を設定して「Apple CarPlay」に接続すると、乗車後そのままナビゲーション・音声案内が可能です。「Apple CarPlay」用に検索機能を簡潔にし、現在地周辺の駐車場やガソリンスタンドを検索しやすいようUIを調整しています。

ルート検索をする際にiPhone側からも操作可能で、事前にiPhoneで調べたルートやスポットを「Apple CarPlay」に接続後、すぐにナビを利用することができます。

「Apple CarPlay」のご利用には、「プレミアムプラス」コース(月額800円(税込)、年額8,000円(税込))への登録が必要です。

『ツーリングサポーター』は今後も、アプリを起点として、車両やデバイスなどさまざまなプラットフォームとの連携を行い、安定的なナビゲーションを提供することで、ライダーの安全・快適な移動をサポートしてまいります。

※ CarPlayを利用するには、iOS14以上のOSが必要です。


■サービスイメージ
[画像2: (リンク ») ]

一般道のナビゲーション

[画像3: (リンク ») ]

高速のナビゲーション



『ツーリングサポーター』について

ツーリングの計画から、走行時のナビゲーション、ツーリングログ・カスタマイズ・メンテナンスの記録などができる、バイク専用ナビゲーションアプリです。タンデム規制や排気量を考慮したルート検索、全国のおすすめツーリングロードの紹介も搭載しています。
iOS (リンク »)


※「Apple CarPlay」は米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
※「Bluetooth」は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
※「ツーリングサポーター」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]