「起業家応援キャンペーン」対象製品にやよいの給与明細 オンライン追加

弥生株式会社

From: PR TIMES

2022-11-17 13:16

-弥生のクラウド製品を2年無償で使えるキャンペーンで、起業家を応援します-

 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、新設法人を対象とした「起業家応援キャンペーン」の対象製品に2022年11月17日に大幅リニューアル提供されたクラウド給与計算ソフト「やよいの給与明細 オンライン」を追加したことをお知らせします。本キャンペーンでは起業2年以内かつ弥生を初回契約いただくお客さまに対象製品を最大2年無償※1で提供します。
※1一部プランは半額での提供となります





[画像: (リンク ») ]


 起業家応援キャンペーンは、起業直後の慌ただしい時期からクラウド製品を活用し業務をデジタル化することで、起業・開業された方、これから検討する方が本業に集中できる環境づくりの支援をするものです。2年以内に法人登記をされていて、今回初めて弥生製品をご利用になる方は、初心者でもあんしんなクラウド会計ソフト「弥生会計 オンライン」の有償プランを2年間無償でご利用いただくことができます。
 また契約時に、同時お申込みいただくことでクラウド見積書・納品書・請求書作成ソフトである「Misoca」の有償プラン、クラウド給与計算ソフト「やよいの給与明細 オンライン」の有償プランも2年無償でご利用いただけます。
 これにより、起業直後の慣れない日々の経理業務のみならずバックオフィス業務もまとめてクラウド化し、業務効率化することができます。


■キャンペーン詳細


[表: (リンク ») ]



※「弥生会計 オンライン」「Misoca」「やよいの給与明細 オンライン」のご契約プランは、お申し込みの際にお選びください。
※お申し込みにあたっては弥生IDの作成、および設立登記年月日の入力が必要です。
※ 「弥生会計 オンライン」キャンペーンコードのご利用案内はこちら。( (リンク ») )

キャンペーン詳細はこちらをご確認ください。
(リンク »)


■対象製品について

弥生会計 オンライン
「弥生会計 オンライン」は、初心者の方でもすぐに使える、かんたん、やさしいクラウド会計ソフトです。日々の取引入力から決算書の作成まで、小規模法人に必要な会計業務を行うことができます。銀行明細やクレジットカードの取引データを自動取込・自動仕訳するので入力の手間が省けます。起業直後の方、経理業務に時間をかけられない経営者の方にお勧めです。
(リンク »)

Misoca
「Misoca」は、PCやスマートフォンで、かんたんに見積書・請求書・納品書を作成、まとめて管理できるクラウド見積・納品・請求書サービスです。オンライン上で帳票作成、請求書のメール送信、郵送代行ができて、会計ソフトと連携することで入力の手間を軽減することができます。
(リンク »)

やよいの給与明細 オンライン
「やよいの給与明細 オンライン」は、従業員30名程度までの事業者に最適な、給与明細をかんたん、気軽に作成することのできる給与計算クラウドアプリです。
2022年11月17日に大幅リニューアル版をリリースし、給与計算/給与明細書の作成に加え、「従業員画面」や「Web給与明細」機能を追加しました。これまで紙で提出、管理していた就業・勤怠に必要な各種手続きをWeb上で完結できるようになり、事業者と従業員がデジタルでつながることで、業務効率化と利便性、双方の向上を実現します。
(リンク »)


■弥生株式会社について
弥生は、中小企業、個人事業主、起業家の事業を支える社会的基盤(インフラ)として日本の発展に能動的に貢献することを使命としています。そのために、お客さまの事業の立ち上げと、発展の過程で生まれるあらゆるニーズにお応えする「事業コンシェルジュ」を目指して、「弥生シリーズ」や「事業支援サービス」を開発・提供・サポートしています。
 代表的なサービスである「弥生シリーズ」は、クラウド会計ソフト7年連続利用シェアNo.1*aデスクトップアプリで23年連続売上実績No.1*bを獲得しており、登録ユーザー数は280万を超えました。「事業支援サービス」は、起業・開業ナビ*c、資金調達ナビ*d、税理士紹介ナビ*e、事業承継ナビ*fなど、業務ソフトウエアの枠を超えたサービスを提供しています。2020年より社外活動として、社会全体のDX推進に取り組む団体*gの立ち上げを主導するなど、事業者の圧倒的な業務効率化の実現に向け活動しています。
弥生の詳細については (リンク ») をご覧ください。

※a 2022年5月31日付プレスリリース:「7年連続で個人事業主向けクラウド会計シェアNo.1を獲得」( (リンク ») )
※b 2022年1月17日付プレスリリース:「弥生のデスクトップアプリ、23年連続で日本国内販売シェアNo.1を達成( (リンク ») )
※c 2021年3月31日付プレスリリース:「起業・開業ナビ」サービス開始( (リンク ») )
※d 2021年10月29日付プレスリリース:「資金調達ナビ」サービス開始( (リンク ») )
※e 2021年12月13日付プレスリリース: 「税理士紹介ナビ」サービス開始( (リンク ») )
※f 2022年6月29日付プレスリリース:「事業承継ナビ」サービス開始( (リンク ») )
※g 立ち上げた2団体。2020年6月「社会的システム・デジタル化研究会」( (リンク ») )、2020年7月「デジタルインボイス推進協議会」( (リンク ») )

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]