システムエグゼ、NAL JAPANとバーチャルオフィスツール「V-Space」の販売代理店契約を締結

株式会社システムエグゼ

From: PR TIMES

2022-11-24 11:16

株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役:大場 康次)は、株式会社NAL JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役:グエン・トアン・アン)と、同社が提供するバーチャルオフィスツール「V-Space」の販売代理店契約を締結したことをお知らせします。当製品の提供を通じて、リモートワークにおけるコミュニケーションの課題解決に寄与してまいります。






[画像1: (リンク ») ]




背景

新型コロナウイルス感染症対策を機に、リモートワークや、働き方を柔軟に選べるハイブリッドワークの導入を進める企業が増加しています。しかし、こうした新しい働き方における課題として、在宅勤務による「孤立感」、「気の緩み」、「創造性ある会話の不足」、「テキストコミュニケーションによる工数増大」、「管理職等による声掛けの頻度減少」などがあげられます。

物理オフィスを再現するバーチャルオフィスツール「V-Space」を活用することで、オンライン上でちょっとした相談や、チーム内会議等が実現でき、リモートワークやハイブリッドワークにおける多くのコミュニケーション課題を解決することが可能になります。

当社はICTツールを活用した働き方改革に取り組んでおり、テレワークソリューションの第1弾としてワークフローシステム「AppRemo(アップリモ)」を2020年にリリースしました。今回の「V-Space」はその第2弾となります。

製品の特長



SaaS型での提供のため、お客様側でサーバ等のメンテナンスが不要
背景やアバター画像のカスタマイズで、リアルなオフィスを再現可能
「会話している人たちの近くに移動することで声が聞こえる」物理オフィスを再現


今後は、リモートワークやハイブリッドワークに取り組む組織・団体に向けて当製品の提供を進めるとともに、市場ニーズを踏まえた製品の機能向上を目指してまいります。
さらに、当社のクラウドプラットフォームサービス「EXE-Cloud」※をベースとしたサービス拡張も計画しております。

※「EXE-Cloud」紹介ページ
(リンク »)


V-Spaceのイメージ


[画像2: (リンク ») ]


<会話>
・アバターをドラッグすると、会話可能な範囲にグレー色の円が表示される
・アバターの距離を近づけることで会話可能になる

<アバター>
・各利用者が自身のアバターを操作
・アバターの画像は差し替えが可能

[画像3: (リンク ») ]


<ルーム>
・会議室のような位置づけで運用できる
・エリア内は、距離を気にせず会話が可能・入室後、鍵をかけることで他者の入室を制限することができる


ライセンス体系・料金



[表: (リンク ») ]



※本サービスはSaaS型にて提供しております。

フロア:物理オフィスのフロアのような位置づけ。マップが作成できる数を指します。
フロアサイズ:横5,000 x 縦3,000pxが利用可能です。
ルーム:会議室のように使用する部屋を指します。

▽V-Space紹介ページ
(リンク »)



株式会社NAL JAPANについて

株式会社NAL JAPANは、ベトナムのスタートアップ企業です。「V-Space」をはじめとしたSaaS製品に加え、日本向けのオフショア開発も行っており、200社以上のIT企業に対して高品質なサービスを提供しています。

会社名:株式会社NAL JAPAN
代表者:代表取締役 グエン・トアン・アン
所在地:東京都港区新橋6-20-4 新橋パインビル4階
設立:2014年12月
事業内容:オフショア開発(システムコンサルティング/ラボ型開発/Webサービス・アプリ開発)、ベトナムIT法人設立支援&組織コンサル
URL: (リンク »)


株式会社システムエグゼについて

会社名:株式会社システムエグゼ
代表者:代表取締役社長 大場 康次
所在地:東京都中央区日本橋室町3-4-4 OVOL日本橋ビル7階
設立:1998年2月
事業内容:システムインテグレーション事業、製品・サービス 開発・販売事業、グローバルソリューション
資本金:4億7,500万円
URL: (リンク »)

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【本サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社システムエグゼ プロダクトソリューション推進本部
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-4 OVOL日本橋ビル7階
TEL:03-5299-5352 FAX:03-5299-5354
E-mail:brand-g@system-exe.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社システムエグゼ 経営企画部 広報担当
お問い合わせ先: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]