OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「w2Commerce」にて東映ビデオECサイトをリニューアル。

w2ソリューション株式会社

From: PR TIMES

2022-11-30 09:30

自由度が高いカード決済処理追加やセキュリティ強化、購入履歴分析による適切なアプローチを実施したことで売上UPを実現。

 w2ソリューション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山田 大樹)は、東映ビデオ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:與田尚志)が運営するECサイト「TOEI VIDEO ONLINE SHOP( (リンク ») )」のサイトリニューアルにOMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「w2Commerce」が採用・導入されたことを発表いたします。今回のリニューアルによりセキュリティの強化や自由度の高いカード決済処理の追加、購入履歴を分析し適切なアプローチを実施したことで売上UPを実現しました。脆弱なセキュリティはハッカーなどに狙われることで顧客情報や営業情報などが流出してしまう恐れがあり、特に多くの顧客情報を抱えている企業はセキュリティ対策が必須になります。w2ソリューションはセキュリティ面を評価いただきつつ、進化を続けるECビジネスのパートナーとして東映ビデオ様にご選定いただきました。



[画像1: (リンク ») ]

■ECカートリニューアルの背景
 EC・通販業界ではここ数年で不正アクセスによるセキュリティ事故が多発しています。セキュリティ事故によりECサイトは閉鎖され、EC事業全体に大きな損失を与えてしまいます。現在では大手企業のみだけではなく、中小企業や食品、化粧品、健康食品、家具、アパレル、スポーツ用品、玩具など業界に問わず多岐にわたりセキュリティの強化をする必要性があります。また、セキュリティ事故を起こしたECサイトはリニューアルをする際に完全復旧することが難しく、クレジットカードの与信が通らないことやECサイトの信頼度低下、顧客離れなどを含めるEC事業への損失ダメージは膨大です。

 TOEI VIDEO ONLINE SHOPは以前よりオープンソース型ECプラットフォームとASP型ECプラットフォームを利用していました。オープンソース型ECプラットフォームはカスタマイズ性があり利便性に優れていたものの、公開されたソースコードを使用しているため、セキュリティホールが第三者に知られる危険性があり不安を抱えていました。また、その後乗り換えしたASP型ECプラットフォームではセキュリティ面の安全は確保されているものの、決済処理の自由度が低いためエラーが多発し、日々の業務工数が倍増し悪循環に陥っていました。セキュリティの安全性確保と決済処理の柔軟性を総合的に判断しECプラットフォームのリニューアルを決断しました。「w2Commerce」であれば、安定したセキュリティ基盤が整っているためハッキングや情報漏洩などのリスクが軽減でき、売上を上げるためのECサイトの集客施策やLTV向上施策に重きを置くことができます。

■OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「w2Commerce」の選定理由
 w2ソリューションの長年のECサイト構築の実績と経験の豊富さから、TOEI VIDEO ONLINE SHOPの課題を解決し、更なる売上拡大に貢献できると考え選定しています。w2ソリューションは開発100%内製に加えて、第三者機関の監査をクリアしたセキュリティや決済処理のエラーが改善されるという点も選定の大きなポイントです。また、東映ビデオのコンセプトでもあるメーカー直販ならではのお客様が安心して商品を購入して頂けるECサイトを実現できると感じw2Commerceを採用頂きました。

■ECサイトリニューアルの主なポイント
1.セキュリティの安全性
 外部試験認証や第三者機関の監査をクリアしたセキュリティに強いECプラットフォームを利用することで顧客も安心してサービスを利用できるようになりました。
[画像2: (リンク ») ]

2.決済処理の柔軟性
 受注ワークフロー機能で複数の受注情報などに対して、繰り返し行う処理(ワークフロー)を一括で実行することが可能になりました。
[画像3: (リンク ») ]

3.顧客アプローチの最適化
 ターゲットリスト機能で顧客の購入情報・行動履歴などをデータ化し、細かくセグメントを分けて顧客一人ひとりに適切なアプローチが可能になりました。
[画像4: (リンク ») ]

■東映ビデオ様からのインタビュー記事
 東映ビデオ株式会社 パッケージ事業部 制作業務室 齊藤慎一郎氏へのインタビュー記事はこちらのURLになります。
(リンク »)

■OMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「w2Commerce」について
 「w2Commerce」はフロント画面管理・バックオフィス管理・CRMマーケティング・CRMなどを標準搭載しているオールインワンのOMO/オムニチャネル対応型総合ECプラットフォームです。業界NO.1のセキュリティで安定したECサイト運営を実現しつつ、セールやクーポンなどの販促から、SNS投稿の連携など、最新のマーケティングを行うための機能を兼ね備えています。「w2Commerce」には、クラウドコマースプラットフォームで無償バージョンアップ対応のプラン「w2Commerce Value5」と顧客ごとにプラットフォームを独自にカスタマイズ対応ができるプラン「w2Commerce Enterprise」があり、顧客のニーズに対して柔軟に対応することが可能なECプラットフォームです。
(リンク »)

■w2ソリューション 会社概要
会社名 w2ソリューション株式会社
代表者 代表取締役 CEO 山田 大樹
所在地 東京都中央区銀座4丁目14番11号 七十七銀座ビル7F
URL   (リンク »)

■w2ソリューションについて
 w2ソリューションは、EC事業の「成功」にこだわる最先端ECプラットフォームを展開するシステム会社です。社員の70%超がエンジニアで、テクノロジーをリードする精鋭企業。開発100%内製に加えて、「営業→導入→開発→カスタマーサクセス」の全ての工程も内製。お客様の事業成功を導く体制/仕組みが整っています。サービスは、D2C定期通販向けECプラットフォーム「リピートPLUS」、オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム「w2Commerce」を展開。業界トップクラスの「平均売上成長率」を実現しており、グループにも「コンサル」「デザイン制作」「運用代行」「データ分析」が揃い、w2グループとして最大のEC価値創出ができている企業です。また、台湾向け総合ECプラットフォーム「w2 Cloud」もラインナップ。Japanクオリティと高い製品力を世界に提供し続けます。

■本サービスに関するお問い合わせ先
w2ソリューション株式会社
TEL:03-5148-9633

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]