NEC、ローカル5G環境構築を効率化するUPF/MEC統合機器を商品化し、エッジプラットフォーム関連商品のラインナップを強化

日本電気株式会社

From: PR TIMES

2022-12-23 13:46

NECは、ローカル5G向け商品としてユーザデータのトラフィック処理を行うUPF(User Plane Function)機能とAI等のアプリケーションを制御するMEC(Multi-access Edge Computing)機能を統合した、「ローカル5G用UPF(MEC統合版)」を商品化し本日より販売開始 します。



[画像1: (リンク ») ]

 新商品は、UPFとMECを統合しリソースを有効活用することによりローカル5G環境を構築する際の機器導入コストを従来比約19%低減するとともに収容スペースも約1/3削減することができます。(注1)さらに、システム構成がシンプルになるため、より迅速なシステム構築も可能となります。
 また、メモリ/ディスク容量やAIアクセラレータとしてGPUの増設も選択でき、AI利用を想定した高性能化にも対応します。

 近年、IoTの進展に伴いDX化への取り組みが企業や団体にて拡大する中、DXを加速するためにデータ収集だけでなく高度なデータ解析も求められています。一方、現場ではデータが膨大に増え続け、クラウド集中型の仕組みだけでは解決できない課題が浮き彫りになり、課題解決に向けてエッジコンピューティングやローカル5Gの導入に注目が集まっています。
 NECではお客様のこうした課題解決を支援するため、エッジ機器やアプリケーション、ソリューションなどを「NEC Edge Platform」として取り揃えています。このたびの新商品は、この「NEC Edge Platform」のラインアップを強化するエッジ機器として、商業施設や公共施設、工場やオフィスビルの1フロアといった小規模な範囲でもローカル5Gを導入したいというニーズに応え、導入にあたり初期費用が高額で手間が掛かるという課題に対応します。
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


新商品の特長は以下のとおりです。

【新商品の特長】
1. 導入コストの削減とシンプルなシステム構成が可能
 ローカル5GのUPF機能とお客様の業務を実行するアプリケーション(MEC)を同じサーバ上に集約することで、従来に比べて初期の導入費用を約19%低減でき、収容スペースも約1/3削減。UPFおよびMEC対応機器を各々設置する従来に比べて本商品単体で対応することができるため、シンプルなシステム構成でより迅速なシステム構築が可能。
 なお、本商品では既存のローカル5G小型一体型基地局 「UNIVERGE RV1200」(注2)と組み合わせた導入も想定しており、システム構成をさらにシンプルにすることも可能。

2. AI利用を想定したアクセラレータの搭載などにも対応
 新商品は、Express5800/R120h-2Mのサーバ本体一式にLinuxサービスセットRed Hat Enterprise Linux -
EX- (v.8)(2ソケット)(注3)および仮想UPF機能をインストールして提供。
 サーバ本体はBTOによりメモリ/ディスク容量やGPU(AIアクセラレータ:NVIDIA(R) T4)の搭載を選択できるため、映像解析AIといったアプリケーションとセットで利用するなど、利用環境に合わせて効率的な商品構成で導入することが可能。

【希望小売価格、出荷開始時期、販売目標】
[表: (リンク ») ]


※最小構成価格 本体(メモリ128GB、ハードディスク1.8TB×2、GPU選択無し:4,046,000円)と
 OS(Linuxサービスセット 1年サポート:202,900円)の構成

販売目標:2025年までに300セット

以上

(注1)機器導入コストは、従来のローカル5G用UPF(希望小売価格2,650,000円)およびMECサーバ単体
(Express5800/R120h-2M 8x2.5型ドライブモデル、OS(5年サポート)、メモリ64GB、ディスク1.8TB
HDDx2、希望小売価格3,388,200円)の合計金額6,038,200円と新商品のローカル5G用UPF(メモリ128GB、ハードディスク1.8TB、GPU無し、OS(5年サポート)、4,898,200円)で比較。
収容スペースは、ローカル5G用UPF統合版(2ユニット)と従来構成(UPF単体+MECサーバ単体、3ユニット)と比較。

(注2) 2022年1月発表商品。基地局の無線部、制御部を1つの筐体内に収めたオールインワンモデルの一体型
小型基地局。
(リンク »)
(商品紹介サイト: (リンク ») )

(注3) Linuxサービスセットは、1年または5年(標準時間)の保守サポートをセット。

※文中に記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本製品について>
URL: (リンク »)

<本件のお問い合わせ先>
NEC ファーストコンタクトセンター
電話:0120-5800-72
月曜日~金曜日(祝日、弊社休日を除く)
9:00~12:00 / 13:00~17:00

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本電気株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]