Movable Typeのエンタープライズ向け製品がAWSで使える「MTP on FutureCloud」を1月11日にリリース!

株式会社フューチャースピリッツ

From: PR TIMES

2023-01-11 14:46

商用CMS国内No.1のMovable Typeがクラウド上で安心して利用できます

京都府京都市のIT企業『株式会社フューチャースピリッツ』(代表取締役:谷孝 大、以下フューチャースピリッツ)は、シックス・アパート株式会社と株式会社スカイアークが共同開発した「Movable Type Premium」を、世界的に利用されているアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で構築できる「MTP on FutureCloud」を2023年1月11日にリリースいたしました。

■サービスの詳細や料金については下記のサイトをご参照ください。
(リンク »)




「MTP on FutureCloud」とは

Movable Typeのエンタープライズ向け製品となるMovable Type Premiumを、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築し、SaaSとしてご提供する新しいサービスです。

[画像1: (リンク ») ]

■MTP on FutureCloudの特長


Movable Type Premiumのライセンス費用込み
AWS利用料込み(※3)
24時間365日ITインフラ保守対応
WAF標準装備
CDN標準装備
フォームメーラービジネス版タイプAライセンス1年分無料
CMSのバージョンアップ、OS やミドルウェアのアップデートも当社で実施(※4)


■構成の異なる2プランをご用意しております

<MTP on FutureCloud PLAN1>
月額350,000円+消費税/初期200,000円+消費税
<MTP on FutureCloud PLAN2>
月額600,000円+消費税/初期300,000円+消費税


リリースに至った経緯

フューチャースピリッツは、お客様がインターネットでビジネスを展開する際に必要なソリューションを20年以上にわたって提供し、これまで多くの企業のITインフラを支えてきました。
そして、その新たな取組みとして、2021年にグループ傘下となった株式会社スカイアークのMovable Type Premiumの開発実績やMovable Typeのエンタープライズ向けの構築経験を活かし、大規模サイトでもクラウド上で安心してCMSを利用できるサービスを開発するに至りました。

大企業やパブリックセクターにおける、Webセキュリティが確保されたクラウド環境での、情報発信の活性化等に貢献していきたいと考えております。
[画像2: (リンク ») ]




「MTP on FutureCloud」のご利用に向いているケース


正確な情報発信やリアルタイム性、改ざんリスクが気になる大規模サイトに適しています。

[表: (リンク ») ]


WebサーバーとCMSサーバーを分離、WAFやCDNも標準装備しており、セキュリティ対策も万全です。
24時間365日の運用監視も行っておりますので、ITインフラ保守もお任せください。


パートナー企業様からのコメント

シックス・アパート株式会社 代表取締役 古賀 早様

この度は「MTP on FutureCloud」のリリース、誠におめでとうございます。
長年にわたり企業のITインフラを支えてきたフューチャースピリッツ様と当社のパートナーとしてMovable Typeを活用し多くの企業サイトを構築、運営してきたスカイアーク様が共同で提供される「MTP on FutureCloud」は多くのお客様に安心してご利用いただけると確信しております。
当社も「MTP on FutureCloud」の今後の成長に寄与すべく様々な協力を行なっていく所存です。


株式会社フューチャースピリッツについて

【会社概要】
株式会社フューチャースピリッツ
・代表者:谷孝 大
・設 立:2000年1月/資本金:1億140万円
・URL: (リンク »)
・事業内容:
ホスティングサーバーやパブリッククラウドの構築および運用から、クラウドサービス・Webシステム・サイト制作まで、お客様のビジネスの進化に貢献するための、Webソリューションをワンストップでご提供します。日本国内3拠点の他、海外グループ会社(中国・タイ・マレーシア)3拠点にも展開しております。


(※1)
・シックス・アパートおよびMovable Typeはシックス・アパート株式会社の登録商標です。
・アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWSおよびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の登録商標です。
(※2)富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場』2016年版~2022年版 商用パッケージ型CMS 国内導入シェア(数量ベース)データより
(※3)トラフィック上限あり。超えると従量課金となります。
(※4)メジャーバージョンアップは別途相談となります。

■プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社フューチャースピリッツ 広報担当:森崎
TEL:075-326-3700/E-MAIL:marketing@future-s.com/FAX:075-326-7400

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]