エクサとAPPIAN、iBPMS領域での協業を開始

株式会社エクサ

From: PR TIMES

2023-01-12 10:16

~決済・保険・銀行領域をはじめとした複雑な業務プロセスに対して完全自動化を促進~

株式会社エクサ(本社:神奈川県横浜市西区 代表取締役 社長執行役員 千田 朋介、以下エクサ)、APPIAN Japan合同会社(本社:東京都千代田区、代表 橋本伸作、以下APPIAN)は、インテリジェントビジネスプロセスマネジメントスイート(iBPMS)領域での協業を開始しました。

iBPMSとは、統合されたビジネスプロセス管理をロボティクスオートメーション(RPA)や人工知能(AI)を組み合わせることで実現するプラットフォームです。
APPIANは、エンタープライズレベルでのハイパーオートメーションとデジタルトランスフォーメーションが実現可能なローコードプラットフォーム(Low Code Platform)を提供しており、iBPMSにおいて「グローバルリーダー(※1)」として認めれています。
エクサは、創設から35年にわたり決済・保険・銀行・製造・流通系のお客様向けに基幹システムや大規模システムでの開発実績を豊富に有し、共創力・現場力・技術力を強みとするシステムインテグレーターです。
今回の協業によって、業務プロセスの完全自動化に向けたワークフローの最適化・システム導入・導入後の持続的なコンサルティングサービスの提供を開始します。

(※1)APPIANは、ガートナー社、フォレスター社の複数のエンタープライズテクノロジー市場(ローコードアプリ開発、デジタルプロセスオートメーション(DPA)、ダイナミックケースマネジメント(DCM)、インテリジェント・ビジネスプロセスマネジメント・スイート(iBPMS)など)の調査において、「グローバルリーダー」として認められた唯一の企業と称されている。

協業の背景と概要
エクサはこれまでも企業のデジタルトランスフォーメーションを進めるために、エンタープライズ・テクノロジーを利用したサービス提供を進めていました。一方、デジタルトランスフォーメーションを目的に個別最適された業務やシステム、外部システムの活用が進めてきたことで、これまでの領域よりも広い視点で最適化に立ち向かうべき状況になりつつあると認識していました。
ローコードプラットフォーム(Low Code Platform)と言われるAPPIANのソリューションは、アジャイル開発にて業務担当者とシステム担当者が共同作業でプログラミングすることなく、人、ロボティクスオートメーション(RPA)、人工知能(AI)、既存システムのオーケストレーションを実現します。人、テクノロジー、データをひとつのプラットフォーム上で実現する事により、企業の要望や法令の変化に迅速に対応が可能となります。単純なワークフローシステム提供だけでなく、ビジネスプロセスの可観測性を高め常に人間が行う作業を制御しながら改善していくことで見える化を計り、企業価値の向上を支援します。
エクサとAPPIANが協業することで、これまでエクサが蓄積した豊富な業務知見やプロジェクト推進力とAPPIANの完全自動化を実現するプラットフォームが組み合わさり、企業の業務と企業活動の変革を更に推し進めることが可能となります。Appianは金融、保険、製薬、公共のお客様に対して700社を超える実績を保有し、決済事業者に求められるPCI DSS(※2)等の高いセキュリティ認定をいくつも取得してるクラウドサービスです。日本の商習慣や複雑な業務フローにも柔軟に対応し完全自動化を達成可能なiBPMSとして、これまで効率化が進んでいなかった日本国内企業の各業務分野への適用を進めます。

(※2)クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準のこと

今後の展開
まずは決済、保険、銀行領域に関する複雑な業務プロセスに対して、APPIANが保有する豊富な事例をもとにした日本国内へのデジタルトランスフォーメーションの促進を支援します。その後、製造・流通等に対する展開も迅速に進めていく予定です。Appianが有するAPIやRPAを活用することでファブリックなデータ連携を実現し、企業内のシステム間連携はもとより、外部サービスとの連携も視野にいれ、ハイレベルな完全自動化を進めていきます。

製品・ソリューション情報
<株式会社エクサ>
企業価値を高めるハイパーオートメーション「Appian」
(リンク »)

< APPIAN Japan合同会社>
(リンク »)

株式会社エクサの概要
設立年月:1987年10月
資本金:1,250百万円
株式会社エクサは、先進技術を活用したDXを推進し、上流のコンサルティングから開発、運用・保守までの各種サービスを総合的に提供しています。なかでも、決済業界では35年にわたり40社を超える(※3)企業の決済システムに携わり、豊富な業務知識と先進技術を融合したサービスとシステム開発力をもとに、企業のデジタルイノベーション促進に貢献しています。
URL: (リンク »)

(※3)2022年9月28日時点

APPIAN Japan合同会社の概要
設立 :2021年4月2日
所在地 :東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス8F
Appianは、変革のための統合プラットフォームです。
企業・組織の最も重要なプロセスを発見、設計、自動化することで、お客様のビジネスを加速させます。Appian Low-Code Platform は、リソースを最大限に活用し、大きなビジネス成果を生み出すために必要な主要機能、プロセスマイニング + ワークフロー + オートメーションを統一されたローコードプラットフォームに統合しています。
Appian はオープンで、エンタープライズグレードであり、世界の多くの大企業、業界のリーダーから信頼されています。
URL: (リンク »)

※ 記載の社名、製品名等は各社の商標または登録商標の場合があります。
※ 記載されている製品の仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エクサの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]