契約管理業務のデジタル化にSmartDB(R)をヤフーが導入~あるべき姿を現場ユーザー目線で再構築~

株式会社ドリーム・アーツ

From: PR TIMES

2023-01-26 15:46

 大企業向けクラウドサービスの株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたびヤフー株式会社(以下 ヤフー)が、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(R)(スマートデービー)」を導入したことを発表します。 ヤフーは2022年11月よりSmartDB(R)で構築した業務アプリの運用を開始しました。



■変化に対応できる持続可能な契約管理システムへ刷新

 ヤフーは、ポータルサイトYahoo! JAPANをはじめ、eコマース・会員サービス・インターネット広告など約100のサービスを提供しています。

 ヤフーではこれまで契約管理には、自社開発のスクラッチシステムを利用していました。 しかし、経営環境の変化などによりシステムにおいても柔軟な対応が求められるなか、システム改修のたびに多大なコストや時間を要する状態に。 また改修を続けて複雑化したシステムは、そもそも改修すること自体が難しい、外部システムとの連携ができない、などの課題も発生していました。

 ドリーム・アーツが実施した調査(※1)では、多くの大企業でヤフーと同様の、またはそれ以上の課題を抱えており、契約管理にかかる一連業務は「部分的なデジタル化」に留まっている、現場のユーザーほど各種システム同士や業務が分断していることに課題を強く感じている、といった状況が明らかになっています。 ヤフーでは、こうした多くの課題を抱える大企業のなかで先駆けて、契約管理業務の“あるべき姿”を現場ユーザー目線で整理し、持続可能な業務システムとして再構築するため、SmartDB(R)の導入を決めました。


■高度な標準機能と拡張性が採用の決め手に

 ヤフーでは契約ライフサイクル管理に特化したシステムや汎用型データベースツールなどを比較・検討。 その結果、SmartDB(R)が契約管理業務など、自社の業務に応じた柔軟な画面設計や文書管理が実現できることはもちろん、社内外の環境変化を素早くシステムに反映できるという点が評価され採用に至りました。 また、ほかのシステムとも柔軟なAPI連携が可能であり、ヤフーが利用している電子契約サービス「DocuSign」とも連携することで、契約管理業務全体がシームレスにつながる点も評価されました。

 ヤフーでは契約ライフサイクル管理に特化したシステムや汎用型データベースツールなどを比較・検討。 その結果、SmartDB(R)が契約管理業務など、自社の業務に応じた柔軟な画面設計や文書管理が実現できることはもちろん、社内外の環境変化を素早くシステムに反映できるという点が評価され採用に至りました。 また、ほかのシステムとも柔軟なAPI連携が可能であり、ヤフーが利用している電子契約サービス「DocuSign」とも連携することで、契約管理業務全体がシームレスにつながる点も評価されました。

【イメージ:契約管理におけるSmartDB(R)の活用範囲】

[画像1: (リンク ») ]



■株式会社ドリーム・アーツ 執行役員 協創パートナー推進本部 本部長 増本 大介 からのコメント
 リーガルテックや改正 電子帳簿保存法への対応などバックオフィス向けクラウドサービスが次々と登場する昨今ですが、ドリーム・アーツの調査(※1)にあるとおり、契約管理におけるデジタル化の課題はいまだ山積みで、特に現場のユーザーの課題意識が高い状況です。

 今回、ヤフーと取り組んだ契約管理システム構築プロジェクトでは、ヤフーを象徴する徹底した“ユーザーファースト”で進められています。 数多くの事業を展開するヤフーにおいて、日々発生する膨大な数の契約業務では、厳格な法務チェックや徹底した期日管理が求められます。 同時にヤフーでは、ユーザーである業務部門の生産性を高める仕組みであることも重要視しています。

 ヤフーの契約管理を支える業務デジタル化基盤としてドリーム・アーツのSmartDB(R)が選ばれたことは、とても喜ばしく光栄なことです。 そして、ヤフーの徹底したユーザー目線とドリーム・アーツとの協創で生まれたSmartDB(R)の業務アプリが、ヤフーの契約管理業務に貢献し、さらにはビジネスの発展に寄与することに期待し、心躍らせています。

 この素晴らしい出会いと機会を通して、私たちドリーム・アーツも進化を加速させ、協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献していきます。

 ドリーム・アーツは、今後も“協創”を理念に掲げ、「現場力強化」「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供してまいります。

※1 DreamArts調査レポート
大企業の従業員500名に聞いた「契約業務のデジタル化」に関する調査
(リンク »)

[画像2: (リンク ») ]



SmartDB(R)(スマートデービー)について  (リンク »)
SmartDB(R)は、大企業市場シェアNo.1(※2)の業務デジタル化クラウドです。 現場個別の業務から全社横断業務までノーコード・ローコードで開発可能。 ワークフローとWebデータベースを中心に多彩な機能をもち、柔軟な外部システム連携、きめ細かな権限管理、高度なセキュリティ要件にも対応しています。 三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。 サービス基盤としてマイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。
※2 テクノ・システム・リサーチ「2022年 SaaS型ワークフロー市場メーカーシェア(従業員数1,000名以上)」より

株式会社ドリーム・アーツについて  (リンク »)
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。 「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。 大企業向け業務デジタル化クラウドSmartDB(R)、多店舗オペレーション改革を支援する「Shopらん(R)(ショップラン)」、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(R)(インスイートエックス)」などのクラウドサービスを開発・提供しています。

※SmartDB(R)、Shopらん(R)、InsuiteX(R)の名称およびロゴは株式会社ドリーム・アーツの登録商標です。Microsoft、Azure、Microsoft Teams、SharePoint、Power Appsは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]