セキュアヴェイルがSonicWall製品の運用・監視サービスを強化、UTMのセキュリティログ分析やリモートアクセス装置の監視に対応

ソニックウォール・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2023-02-03 10:16

SonicWall製品が持つ防御機能の効果をセキュアヴェイルのSOCが最大化



[画像1: (リンク ») ]

ITセキュリティ専業の日本企業、株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、証券コード:3042、以下セキュアヴェイル)と、30年の歴史をもつファイアウォールのパイオニアSonicWallの日本法人、ソニックウォール・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:本富顕弘、以下ソニックウォール・ジャパン)は両社で連携し、セキュアヴェイルの統合セキュリティ運用サービス「NetStare(ネットステア)」が提供するSonicWall UTMの運用・監視サービスに新たなサービスを追加したことを発表します。

セキュリティ機能の監視、脆弱性管理などのSOCサービスに、定期的なログ解析によるセキュリティリスク分析、24時間365日リアルタイムでのセキュリティインシデント対応が加わり、より高いセキュリティレベルを提供するセキュリティ運用サービスへと進化しました。
さらに、SSL-VPNアプライアンス「SonicWall SMAシリーズ」の運用・監視にも対応。SonicWall UTMとSMAを併用する環境において、アプライアンスの持つ防御機能を最大化し、様々な脆弱性ポイントからシームレスに組織のネットワークを保護します。
[画像2: (リンク ») ]


NetStareはセキュアヴェイルが創業から20年に渡って「お客様の環境をマネージする」をテーマに提供する、業界でも数少ないSOC(Security Operation Center)とNOC (Network Operation Center)を融合した24時間365日体制の統合セキュリティ運用サービスです。
常時1.1万台以上のセキュリティ機器を監視し、1日25億件もの膨大なログを収集し、ネットワーク障害やサイバー攻撃をいち早く発見するとともに万が一の時には迅速な原因調査と復旧を支援します。

一方SonicWall UTMは独自の特許技術によってゼロディ攻撃など未知のマルウェアを検知、ブロックする高性能なセキュリティ対策を行い、同価格帯の他社製品に比べてコストパフォーマンスに優れた次世代ファイアウォールです。
半導体不足が叫ばれる昨今において安定的なハードウェア供給を実現し日本国内で急速にシェアを拡大、2021年度の次世代ファイアウォール国内出荷台数No.1(※1)を獲得しています。

NetStareはソニックウォール・ジャパンの支援を受け、昨年7月にSonicWall次世代ファイアウォールGen7 UTM「TZシリーズ」「NSaシリーズ」の運用・監視サービスをリリース、その後ユーザーからの要望を受けてサービス内容を拡張してきました。
新たにサービスに追加されたセキュリティログ分析は、SonicWall UTMのログを定期的にSOCが解析、不審な通信や攻撃の予兆などのセキュリティリスクはもちろん、情報漏えいの可能性などを早期に発見し、アラートおよびレポートを通じて、セキュリティインシデントが起こる前に対策を講じます。特に危険度が高い不正アクセスを検知した場合には、24時間365日、2時間以内を目標に調査結果の報告から適切なセキュリティ設定の実装まで行います。
さらに、SonicWall製のSSL-VPNアプライアンス「SonicWall SMAシリーズ」の運用・監視にも対応。SonicWall UTMとSMAの併用でシームレスな防御を実現している環境を丸ごとSOCで監視することで、アプライアンスの持つ防御機能を最大化し、様々な脆弱性ポイントから組織のネットワークを保護するとともに、リモートワークやモバイル化、クラウドの利用を促進します。

セキュアヴェイルとソニックウォール・ジャパンは、今後も両社で連携してSonicWall製品の運用・監視サービスの拡充や強化を継続し、これまでセキュリティ運用(SOC)サービスの敷居が高かった組織規模のお客様にも手が届くサービスを提供し、国内企業のサイバーセキュリティ水準の向上に貢献して参ります。

※1:富士キメラ総研「2022ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」


SonicWall UTM 運用監視サービス 公式Webサイト
(リンク »)

SonicWall UTM 公式Webサイト
(リンク »)


----------
SonicWallについて
SonicWallは、Boundless Cybersecurityを提唱し、誰もがリモート/モバイルで脅威にさらされながら仕事をするという超分散環境のビジネスを実現させます。SonicWallはシームレスな防御を提供し、非常に巧妙なサイバー攻撃を阻止します。これによって、無限に存在する脆弱性ポイントすべてを保護し、リモートワークやモバイル化、クラウド利用を促進し、ひいてはビジネスのニューノーマルに対応すべくモバイル化を進める組織のセキュリティを確保し、サイバーセキュリティの課題を解決して世界中の企業や政府、中小企業をサポートしています。

セキュアヴェイルについて
2001年設立。創業以来ネットワークセキュリティに特化して企業や組織の情報システムの運用をサポートする国内では数少ないITセキュリティ専業企業。24時間365日セキュリティシステムを監視する統合セキュリティ運用サービス「NetStare」は累積導入実績4500社以上、常時1.1万台のセキュリティ機器を監視し、1日25億件ものログを収集する。
企業のシステムセキュリティを確保し、事業運営を安心して継続させるために、「安全」で「役立つ」サービスを提供します。

----------
※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
※本プレスリリースに関するお問い合わせは下記までお願いします。
 株式会社セキュアヴェイル マーケティングGr.
  TEL : 03-6264-7180
  Email: marketing@secuavail.com
 ソニックウォール・ジャパン株式会社 PR担当
  Email: Japan_SNWL@SonicWall.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]