「メタバース事業化診断サービス」提供開始

株式会社クニエ

From: PR TIMES

2023-02-06 16:46

~メタバースビジネスを成功に導くための100の問診・診断。ノウハウの一部をセミナー(3月17日)で限定公開~

コンサルティングファームの株式会社クニエ(NTTデータグループ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土橋 謙、以下 クニエ)は、メタバースを用いたビジネスを検討する企業向けに「メタバース事業化診断サービス」を2023年2月6日より提供開始します。
昨今、国内外でメタバース関連事業への参入に関心が集まっています。一方、クニエがメタバースビジネスの事業化検討に関わったことがあるビジネスパーソンを対象に実施した調査によると、91.9%が事業化にたどり着けていないという結果が出ています。本サービスでは、自社の事業がメタバースにフィットするかを事前に見極めたいという企業に対し、メタバースの事業化に必要となる項目を網羅的に問診・診断することで、メタバースビジネスへの参入判断や、事業検討の具体化を支援します。
クニエは、「メタバース事業化診断サービス」の提供をはじめ、メタバースビジネスについて、事業構想策定フェーズから導入・展開、サービスイン後の改善まで一気通貫したコンサルティングサービスを提供することで、企業のメタバースビジネス参入の成功に寄与していきます。

【背景】
2021年、Meta社やMicrosoft社をはじめとした大手企業がメタバースビジネスへの参入・大型投資を発表するなど、メタバースビジネス参入を検討する企業が急激に増加しています。日本でも小売や教育、エンタメ、鉄道・航空など、さまざまな業界でメタバースを活用したサービスが提供されています。その一方で、メタバースという言葉はある種“バズワード化“しており、メタバースビジネスに参入を試みるも、「マネタイズができない」「メタバースならではの価値を見出せない」「推進するための組織体制がなく、専門人材が不足している」などの要因から、事業化がとん挫する事例も増加しています。
クニエは2023年1月、メタバースビジネスの事業化検討に関わったことがあるビジネスパーソン 1,803名に対し、企業のメタバースビジネスの実態調査を実施しました。その結果、91.9%がメタバースの事業化にたどり着けていないという回答を得ています。
そこでクニエは、メタバースの事業化成功確率を向上させることを目的に、これまでのコンサルティングで得た知見を基に独自開発した「メタバース事業化問診ツール」を活用したコンサルティングサービスを提供することとしました。


【「メタバース事業化診断サービス」概要】
本サービスは、自社の事業にメタバースがフィットするかどうかを見極めたいという企業に対し、クニエのコンサルタントが「メタバース事業化問診ツール」を用いて診断、およびフィット・ギャップ分析を行い、導入ポテンシャルや今後の具体的アクションを整理するコンサルティングサービスです。「メタバース事業化問診ツール」は、クニエが実施したメタバースビジネスの事業化検討に関わったことのあるビジネスパーソンへの調査から得た失敗要因の分析と、メタバースビジネスのコンサルティング経験を踏まえ、5つの評価項目から独自に開発したツールで、計100問で構成されています。
企業は本サービスを利用することで、メタバースビジネス参入に必要な事項を網羅的にチェックすることができ、メタバースビジネスへの参入判断や、事業化に向けた具体的な検討に役立てることが可能となります。

(特徴)
・5つの評価項目で網羅的・体系的に問診・診断
  [評価項目1]事業企画(メタバースという特性を踏まえた事業企画になっているかどうかの確認)
  [評価項目2]顧客(メタバースビジネスにフィットしそうな顧客かどうかの確認)
  [評価項目3]自社(自社がメタバースビジネスにフィットしそうかどうかの確認)
  [評価項目4]競合(競合のメタバースビジネス導入度合いについて確認)
  [評価項目5]環境(外部・内部環境変化がメタバースビジネスに影響しそうかどうかの確認)
・事業企画、財務会計、業務、IT、労務、マーケティング、営業など、事業化に必要な事項を網羅
・メタバースビジネス検討時によくある質問への答えを導出する問診
  [よくある質問の例]
  - どのようなサービス・商材がメタバースにフィットし、筋の良い事業企画はどのようなものか?
  - 実店舗やECなどのチャネルとどうすみ分ければいいのか?
  - そもそも、AR/MR、デジタルツインとメタバースと何が違うのか?
  - 成功しているメタバース事業のKSF(重要成功要因)や、失敗したメタバース事業の要因は何か?

(本サービスの利用メリット)
・自社の事業、取り扱うモノやサービスにメタバースがフィットするかどうかの判断が可能となる
・メタバースという特性を踏まえた事業企画になっているかどうか、網羅的・体系的に把握できる
・メタバースならではの「顧客体験・ビジネスモデル」とそれに必要となる「技術・環境・体制」について網羅的・体系的に把握できる
・メタバースビジネスに参入した場合の市場規模や成長性のポテンシャルについて見極めることができる


【今後について】
クニエは、今後も「メタバース事業化診断サービス」やこれまでのコンサルティングで得た知見・ノウハウを生かし、各社のメタバースビジネスに関する取り組みを支援していきます。
なお、メタバースビジネスの事業化検討に関わったことのあるビジネスパーソンに対し実施した実態調査の結果については、4月に発表予定です。
また、メタバースのコンサルティング実績、および実態調査で得たノウハウとメタバースビジネス参入の失敗要因を解説するWebセミナーを2023年3月17日に開催します。当セミナーでは、無償で簡易版の「メタバース事業化問診ツール」を用いた問診・診断を実施します。

 ■セミナー情報
 2023年 3月17日 オンライン開催(枠数制限有り)
 メタバース3.0
 『成長か。衰退か。メタバースビジネスの未来 ~なぜ91.9%のメタバースは事業化できないのか~ 』
   (リンク »)



*本文中の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


■株式会社クニエについて
株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティング会社です。さまざまな変革に挑戦されるお客様のパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客様の変革の実現をグローバルベースで推進します。同社に関する詳しい情報は、< (リンク ») をご覧ください。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クニエの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]