イトーキが「メタバース×リアル」のハイブリッドショールームによる実証実験を開始

株式会社イトーキ

From: PR TIMES

2023-02-20 13:46

「ZA SALON(坐サロン)VR」にてDX時代の新しいコミュニケーション空間を提供

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区、社長:湊 宏司)は、ECメタバースの「メタストア」を提供する株式会社ハコスコ(以下、「ハコスコ社」)の協力の元、バーチャル×リアルのハイブリッドショールームによる、DX時代の新しいコミュニケーション空間を探る実証実験を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]


2022年9月にリアルなショールーム「ZA SALON TOKYO(坐サロン東京)」を開設以降、多くのお客様にご来場いただきました。今回の実証実験は、より地域や時間を超えたサービスの提供を目指すことを目的としています。
ハコスコ社が提供する「メタストア」による体験スペース「ZA SALON(坐サロン)VR」をメタバース上に構築し、バーチャルの「坐サロンVR」とリアルの「坐サロン東京」のハイブリッド運用を実施予定です。


ZA SALON(坐サロン)VRとは


メタバース上に構築されたショールーム「坐サロンVR」では、チェア製品のVR体験やAR体験、ビデオチャットによるスタッフとの会話が可能です。アプリケーションの導入やVRゴーグルは不要で、Webブラウザ上で利用ができます。(現在PCのみ対応。スマートフォンは後日対応予定です。)

「ZA SALON(坐サロン)VR」では、以下のサービスを提供する予定です。


チェア製品の商品紹介およびVR(仮想現実)体験
チェア製品のAR(拡張現実)体験
坐サロンスタッフによるビデオチャットでの問合せ対応


◎VR展示商品(例)
vertebra03、Act、FLRIPFLAP、nort、SALIDA YL6、SALIDAYL8、SALIDAYL9G
※今後、新商品も展示予定です。

「ZA SALON(坐サロン)VR」での体験でユーザーの課題が解決し、CS向上またはご購入に繋がるのかを検証いたします。
また、今後は実証実験の結果を元に更にサービスを改良し、顧客とのコミュニケーションが促進されるよう努めてまいります。

【ZA SALON VR(坐サロンVR)URL】
(リンク »)


ZA SALON TOKYO(坐サロン東京)について


「ZA SALON TOKYO」は2022年9月にオープンした、東京・京橋にある完全予約制の一般向けのチェアショールームです。身体の動きにフレキシブルに順応し、デスクワークを快適にサポートする「アクトチェア」をはじめ、他のインテリアにも合わせやすいデザインで正しい着座姿勢に導くメカニズムを備えた「バーテブラ03チェア」などの人気チェアをご用意しています。
[画像2: (リンク ») ]

開館時間:10:00~17:00 (要事前予約)
定休日:火曜日、土曜日、日曜日、祝祭日
所在地:東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー 3階
東京メトロ銀座線「京橋駅」より徒歩1分/都営浅草線「宝町駅」より徒歩2分

ZA SALON TOKYOは下記URLからもご予約いただけます。
(リンク »)


株式会社ハコスコについて


「現実を科学し、ゆたかにする」をミッションに掲げるハコスコ社は、メタバースを使い、空間の制限に縛られない、これからの体験共有のあり方を実験しています。同社のECメタバース「メタストア( (リンク ») )」は、EC、コミュニティ、展示などの空間をメタバース上に再現し、リアル空間のようなコミュニケーションや接客を通じて、顧客やメンバーのエンゲージメントを高めています。


イトーキのコンシューマー向け事業について


「暮らしに寄り添い、日々の生活をアップデートする」をコンセプトに、オフィス家具のノウハウと家で求められる要素を融和した「家ではたらく」ための家具、また昨年で発売から60周年という節目を迎える学習机を中心とした商品を取り扱っております。
これからも、「家でまなぶ」「家ではたらく」ための商品やサービスを充実させ、みなさまの暮らしに寄り添い続けてまいります。


本リリースへのお問い合わせ先


下記お問い合わせフォームより メッセージ欄に「坐サロンVR開設について」とご記入の上、 ご連絡ください。
株式会社イトーキ ホーム家具お問い合わせフォーム
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]