凸版印刷とスカイコム、通知物の自治体DX推進支援に向けて協業

凸版印刷株式会社

From: PR TIMES

2023-03-23 13:16

~凸版印刷の通知物電子送付サービス「Speed Letter Plus(R)」とスカイコムのPDFソリューション「SkyPDF(R)」を連携したサービスの開発を推進、通知物に関する行政手続きの効率化や住民利便性の向上を実現~


 凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、株式会社スカイコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 川橋 郁夫、以下 スカイコム)は、自治体DX推進を支援するサービスの実現に向け2023年3月より協業を開始します。
 本協業により、凸版印刷が提供する通知物電子送付サービス「Speed Letter Plus(R)(スピードレタープラス)」とスカイコムのPDFソリューション「SkyPDF(R)(スカイピーディーエフ)」を連携させ、公文書の作成から職責証明書(LGPKI(※1)が発行)を使用した電子署名の付与、電子送付、受け取り後の署名検証を一連で実施できるサービスの開発を推進。通知物に関する行政手続きの効率化や住民利便性の向上を目指します。




[画像: (リンク ») ]



■ 協業の背景
 各自治体は総務省の「自治体デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進計画」に沿って、「行政手続きのオンライン化」を推進しています。自治体から住民等への各種通知物を電子化送付する際には、オンラインでの文書改ざんやなりすましなどを防ぐため、通知物の真正性の保証や本人への確実な送付が課題になっています。
 凸版印刷は、セキュア事業のノウハウを活かし、住宅ローンやクレジットカードの申込受付、自治体の窓口申請業務の手続きをタブレット上で可能にするペーパーレス申込システム「Speed Entry(R)(スピードエントリー)」シリーズを展開し、対面サービスのデジタル化・業務効率化を推進しています。さらに2022年7月には、通知物デジタル化サービス「Speed Letter Plus(R)」の販売を開始し、複数の自治体で導入・実証実験などを行っています。これらのデジタルソリューションと長年培ってきたBPOの知見を活かしアナログ技術とデジタル技術を掛け合わせた「Hybrid-BPO(R)」として、全国の自治体業務を支援しています。
 スカイコムは、電子文書の世界標準フォーマットである「PDF」をコアに据えた純国産のPDFソフトウェアメーカーで、PDF技術を自社内で開発する専門性と技術力で強みを発揮し、これまで数多くの企業、金融機関、官公庁・自治体に採用され、豊富な実績を築いてきました。自治体業務においては、電子文書(PDFファイル)作成から職責証明書(LGPKIが発行)を使用した電子署名の付与、その証明書の有効性や署名者のなりすまし、文書が改ざんされていないことを確認できる検証サービスなどといった「SkyPDF(R)」製品・サービスを利活用することで、真正性や信頼性を担保した安全・安心な電子文書運用が可能となり、処分通知等のデジタル化~自治体DX推進を強力に支援しています。
 本協業により、凸版印刷とスカイコムの自治体向けソリューションのノウハウを掛け合わせ、自治体DX推進を支援するサービスの実現を目指します。

■ 具体的な協業内容
・自治体の電子通知物に職責証明を付与し住民への送付を連携するサービスの開発
 凸版印刷の通知物電子送付サービス「Speed Letter Plus(R)」と、職責証明書を使用して電子署名を付与できるスカイコムのPDFソリューション「SkyPDF(R)」を連携。「SkyPDF(R)」により公文書の作成から職責証明書(LGPKIが発行)を使用した電子署名を付与した後、「Speed Letter Plus(R)」で住民に対して安全かつ簡便に電子送付、再び「SkyPDF(R)」で受領後の署名検証まで行うことで、通知物の安全・安心な電子送付を一連で実施できるサービスの開発を推進します。これにより、行政事務の効率化やペーパーレスによるコストダウンを実現し、行政サービスの利便性の向上を支援します。

■ 凸版印刷の提供する「Speed Letter Plus(R)」について
 マイナンバーカードによる本人確認を行ったIDに基づいてPDF化した通知物を電子送付することで配送・閲覧状況の管理を行うことができます。また、受け取る側は、広告などの表示が無く、自宅に不在でも必要な通知物を受け取れることができ、さらに閲覧と保管・管理などの利便性が向上します。厳格な本人確認をすることで秘匿性の高い通知物を安全かつ簡便に送付することが可能です。
URL: (リンク »)

■ スカイコムの提供する「SkyPDF(R)」について
 公文書を電子媒体(PDF)で作成、職責証明書(LGPKIが発行)を使用した電子署名の付与、署名検証(受領したPDFファイルに付与された電子証明書の有効性や署名者のなりすまし、文書が改ざんされていないことを確認)が可能です。
URL: (リンク »)

■ 今後の目標
 凸版印刷とスカイコムは本協業を通じて共同開発した連携サービスを2023年8月から提供することを目指します。
 凸版印刷は、本取り組みをはじめとした行政DXの推進を加速させ、「Speed Letter Plus(R)」を含めた「Hybrid-BPO(R)サービス」として2025年度までに約200億円の売上を目指します。
 スカイコムは、公文書の電子化業務において全自治体に「SkyPDF(R)」を採用いただくことを目指します。

■ 株式会社スカイコムについて
社名 :株式会社スカイコム
設立 :1997年 6月
資本金 :1億円
代表者 :代表取締役社長 川橋 郁夫
所在地 :東京都千代田区神田松永町19 秋葉原ビルディング10階
事業概要 :ソフトウェアプロダクトの開発・販売 SkyPDFシリーズ/SkyAgentシリーズ/SkyPASシリー
ズ/システムインテグレーション/コンサルティング/保守サービス
ホームページ: (リンク »)


※1 LGPKI
 地方公共団体組織認証基盤(Local Government Public Key Infrastructure)は、地方公共団体職員が通信回線上で電子文書の送受信を安全に行うための技術基盤です。


* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


以  上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]