New Relic、業界初*1 OpenAI GPTとのオブザーバビリティ連携「OpenAI Observability(OpenAIオブザーバビリティ)」提供開始

New Relic株式会社

From: PR TIMES

2023-03-29 13:46

GPTアプリケーションを構築するすべてのエンジニアはわずか数行のコード追加で、パフォーマンスの最適化、コスト削減、結果の質の向上を実現可能に

デジタルビジネスにオブザーバビリティ(可観測性)プラットフォームを提供するNew Relic株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小西 真一朗、以下「New Relic」)は、エンジニアリングチームがOpenAIが提供するGPTシリーズのAPIで構築されたアプリケーションを監視できるようになる、業界初*1のMLOps(機械学習オペレーション)向けクイックスタートカタログ「OpenAI Observability(OpenAIオブザーバビリティ)」を提供開始しました。追加ライセンス購入の必要はなく、簡単な手順で今すぐ利用可能です。



エンジニアリングチームはわずか数行のコード追加で、OpenAI補完クエリの監視を、パフォーマンスやコストメトリクスと同時にNew Relicの単一画面内でリアルタイムに追跡することができます。

この新しい連携によりOpenAIの生データを取り込めるようになり、企業がOpenAIベースのChatGPTなどの最新のAI技術の力を活用し、コストへの配慮をバランスよく行いながらイノベーションと事業目標の達成を加速させることができるようになりました。また、New Relicに統合できるデータの種類が増え、より多くの開発者にとっての利便性が向上します。

New Relicアカウント(期間無制限・無料枠*2)に登録するとNew Relicインスタントオブザーバビリティ(Instant Observability:I/O)*3でOpenAIオブザーバビリティをすばやくデプロイでき、必要最低限の設定でこの機能を利用できます。
[画像: (リンク ») ]

New Relic オブザーバビリティ・プロダクト部門 GM兼CGO(Chief Growth Officer) Manav Khuranaのコメント
「GPTを採用し、ジェネレーティブAI(生成系AI:GenerativeAI)でモダンなアプリケーションを構築する企業にとって、今がエキサイティングな時期です。オブザーバビリティは、企業がGPTを最大限に活用するための切り札です。当社は、GPT APIを使用するあらゆるエンジニアが、簡単な設定、かつ無償でコストやパフォーマンスを監視できるよう力を尽くしています。
今回の「OpenAIオブザーバビリティ」はオブザーバビリティの力をすべてのエンジニアに届けるという当社のミッションに合致するものです。」

世界中の企業が、ヘルプデスクのチケットやライブチャットログのサポート、コンテンツや画像の開発、意味検索の促進にGPTを活用しています。New RelicのOpenAI監視「OpenAIオブザーバビリティ」は、すばやく、使いやすく、そしてエンジニアリングチームが使用を最適化し、コストを削減し、よりよい結果を達成するのを助けるリアルタイムのメトリクスを届けます。

「OpenAIオブザーバビリティ」の特徴は以下の通りです。

無料で利用可能:New Relicインスタントオブザーバビリティ(Instant Observability:I/O)に含まれており、New Relicのフルプラットフォームユーザーであれば誰でも追加費用なし*2で今すぐ利用可能です
容易なインストール:わずか数行のコード追加で、monitorモジュールをnr openai_monitorライブラリからインポートし、GPTのさまざまな主要パフォーマンスメトリクスを表示するダッシュボードを自動的に作成することができます
コストの監視:OpenAIのDavinciモデルの使用コストはすぐに加算されていくため、大規模運用が難しいと言われますが、New Relicは、GPT使用に関するリアルタイムでのコスト把握が可能です
パフォーマンスの最適化:平均応答時間やその他GPTリクエスト関連の主要パフォーマンスメトリクスに関するインサイトを可視化することで、エンジニアが使用状況を最適化し、最良のレスポンスタイムを実現できるようになります
プロンプトとレスポンスの分析:GPTの使用、スピード、有効性に関する有意義な情報を提供し、エンジニアリングチームがMLモデルでよりよい結果を得られるよう導きます

「OpenAIオブザーバビリティ」は、先日リリースされたGPT-4を含め、現時点での全てのOpenAI GPTバージョンをサポートしています。New Relic MLOpsの設定方法や、GPTアプリケーションの設定方法については、New Relicドキュメント( (リンク ») )をご確認いただくか、ブログ記事をご覧ください。
(リンク »)

期間無制限の無料アカウントに登録するには、 (リンク ») をご確認ください。

*1 グローバル規模の主要モニタリングツールとして(自社調べ2023年3月)
*2 「無料枠」/費用について (リンク »)
*3 インスタントオブザーバビリティ(I/O)について(日本語)| New Relic 2021年12月)
(リンク »)

■New Relicのファクトシートやロゴ等は、以下からご確認いただけます。
(リンク »)

■New Relicについて
2008年に創業したNew Relicは、デジタルビジネスのあらゆる重要指標を観測可能にする「オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム」を提供しています。デジタルビジネスを構成するアプリケーションやインフラストラクチャだけでなく、ユーザー側の顧客体験状況までをも観測可能にするため、企業はデジタルサービスの障害検知、顧客体験の低下検知、潜在的な問題やボトルネックを早期特定し解決するDevOpsチームを生み出します。これにより、企業は取り組むべきデジタル変革を、計測可能な戦略へと変化させることができます。New Relicの全世界顧客数は15,000以上、Fortune 100企業の過半数で採用されており、日本でも数百社を超えるお客様のデジタル変革を支援しています。New Relicが支持されている理由は、newrelic.com/jpをご覧ください。

■オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォーム「New Relic」について
New Relicはお客様がより完璧なソフトウェアを作成するために構築された、最も強力なクラウドベースの観測プラットフォームです。世界中のエンジニアリングチームがNew Relicを利用して、アップタイムとパフォーマンスの向上、規模と効率の向上、市場投入までの時間の短縮を実現しています。New Relicには、組織がオブザーバビリティを実現するために必要なすべての機能が含まれています。

Telemetry Data Platform: ペタバイト規模であらゆるタイプのアプリケーションやインフラストラクチャのデータを収集、可視化することができます。これは、すべての運用データの単一で正しいソースとなるように設計されています。
Full Stack Observability: APM、インフラストラクチャ、ログ、デジタルカスタマーエクスペリエンスにまたがるソフトウェアスタック全体を1つのコネクテッドエクスペリエンスで簡単に分析し、トラブルシューティングを行います。
Applied Intelligence: インシデントを迅速に検出、理解、解決するための応用インテリジェンスが備わっています。

※New Relic は、New Relic, Inc.の登録商標です。
※本文書内の製品名および会社名は全て、それらの登録名義人の商標である場合があります。


将来予想に関する記述
本資料は関係情報の開示のみを目的として作成されたものであり、有価証券の取得または売付けの勧誘または申込みを構成するものではありません。本資料は、正確性を期すべく慎重に作成されていますが、完全性を保証するものではありません。また本資料の作成にあたり、当社に入手可能な第三者情報に依拠しておりますが、かかる第三者情報の実際の正確性および完全性について、当社が表明・保証するものではありません。当社は、本資料の記述に依拠したことにより生じる損害について一切の責任を負いません。本資料の情報は、事前の通知なく変更される可能性があります。本資料には将来予想に関する見通し情報が含まれます。これらの記述は、現在の見込、予測およびリスクを伴う想定(一般的な経済状況および業界または市場の状況を含みますがこれらに限定されません)に基づいており、実際の業績とは大きく異なる可能性があります。今後、新たな情報、将来の事象の発生またはその他いかなる理由があっても、当社は本資料の将来に関する記述を更新または修正する義務を負うものではありません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]