新開発の当社製ドローンによる“スマート保安”実証試験を中部電力と実施現場の課題解決と作業効率化・コストダウンを目指す

三菱重工業株式会社

From: PR TIMES

2023-03-31 15:16

◆ 当社開発中のシングルローター型ドローンで、飛行中におけるカメラ・スピーカーの機能確認を実施
◆ 引き続き中部電力と連携し、さらに山深い場所でのドローン長距離自律飛行などを実施予定



[画像: (リンク ») ]

三菱重工業はこのほど、ドローンで現地確認を行う“スマート保安”の実証試験を、中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、以下、中部電力)と共同で実施しました。愛知県豊田市において、開発中の当社製ドローンによる保安業務の有効性を確認したものです。

中部電力再生可能エネルギーカンパニー水力事業部では、山間部にあるダム・発電所周辺の狭い道路やアクセス困難箇所などを、自動車および徒歩で現地確認を行う作業員の安全確保や担い手不足などが課題となっています。本実証試験は、上記課題を解決するとともに、作業効率化・コストダウンを実現するべく実施されました。

具体的には、当社民間機セグメントが現在開発中のシングルローター型ドローン1機を使い、高度35~50mを時速10~20kmで飛行しながら、搭載カメラによる現地状況と人物確認ならびにスピーカー機能の音達確認を実施しました。今回、保安業務におけるドローンの有効性が確認できたことから、当社は中部電力と引き続き連携し、さらに山深い場所におけるドローンを用いた長距離自律飛行の実施や安全飛行に向けた施策の検討などを行う予定です。

三菱重工は、民間航空機向け主要部品の製造などで培った高い安全性・品質保証・認証取得ノウハウを応用し、ドローンによるさまざまな課題解決に取り組んでいきます。

■三菱重工業株式会社
ウェブサイト: (リンク »)
オンラインマガジン「SPECTRA」(日本語): (リンク »)
公式Twitter:@MHI_GroupJP

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]