Salesforce、自動車業界における次世代の顧客体験を支えるAutomotive Cloudを提供開始

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2023-04-10 14:46

顧客と自動車のライフサイクル全体にわたり、パーソナライズされた体験を提供、ディーラーと自動車メーカー間の連携を促進し、業界に特化した機能により生産性の向上とコスト削減を実現



株式会社セールスフォース・ジャパン(代表取締役会長兼社長 小出 伸一、以下 Salesforce)は本日、業種特化型クラウドであるSalesforce Industry Cloudの自動車業界向け製品「Salesforce Automotive Cloud(以下、Automotive Cloud)」を国内で提供開始すると発表しました。Automotive Cloudは、自動車メーカー、ディーラー、カーファイナンス会社に向けた製品で、自動車業界に特化したデータモデルを標準装備し、デジタルを活用した次世代の顧客(ドライバー)体験の実現を可能とするとともに、業界に特化した自動化、AI、および分析機能により、生産性の向上とコスト削減を実現するソリューションです。

Automotive Cloudは、顧客が新車を探すとき、購入するとき、融資の選択肢を探すとき、車の修理をするときなど、顧客(ドライバー)と車のライフサイクル全体にわたってリアルタイムのパーソナライゼーションとインテリジェンスを可能にします。

[画像1: (リンク ») ]


ドライバー 360で高い顧客体験を実現

ドライバー 360は、Customer 360のコンセプトに基づき、自動車業界に特化した信頼できる唯一の情報源を構成します。自動車業界専用のデータモデルとプロセスで構築された、すぐに利用可能なソリューションにより、顧客とその世帯での車の所有状況、車に関するデータなどを可視化します。

Driver Console(ドライバーコンソール):Webサイトでの車の閲覧履歴や購入履歴から、購入後の長期にわたるサービスプロセスに至るまでの顧客(ドライバー)との一連のタッチポイントとルールに基づいたアラート機能によって、顧客とのやり取りをすべて可視化し、サービスチームに重要なインサイトを提供します。
Household Management(世帯情報管理):世帯での車の所有状況や過去の商談の全体像を可視化することで、ディーラーやその他のエコシステムパートナーは、サポート、提案、販売をさらにパーソナライズすることができます。
Vehicle Console(車両コンソール):自動車メーカー、ディーラー、カーファイナンス会社いずれもが、累計走行距離、車の査定額、サービスや修理の提供状況などの包括的な車両情報に簡単にアクセスすることができます。


リードコンバージョンとコミュニケーションの改善による収益向上

新しい販売モデルやデジタルに精通した顧客の期待に応えるために、自動車メーカーとディーラーは、販売の促進、在庫の適切な管理、より良い顧客体験の提供といった目的のために、これまで以上に効率的に連携する必要があります。

Automotive Lead Management(自動車業界のリードマネジメント):車両履歴など個別の顧客に関するリード情報を充実させ、最も価値の高いリードを、その顧客が好むディーラーに直接転送できるようにします。その際、顧客の希望、ニーズ、履歴といった情報を共に提供することで、ディーラーと自動車メーカー間の連携を促進します。
Dealer Performance Management(ディーラーパフォーマンスマネジメント):地域別のディーラーの業績を簡単に分析し、リードのパイプラインを把握することができます。これにより、自動車メーカーとディーラーが共通の目標を設定し、販売計画、現地への訪問、パートナーとの連携、需要予測、チャネルインセンティブなどをより適切に管理、調整することができます。


業界に特化した自動化、AI、および分析機能を活用して、生産性の向上とコスト削減を実現

自動車業界に特化したインテリジェントな自動化、強力な分析機能を提供することにより、コストの削減とデータに基づいた意思決定を通じた新たな収益源の確保を支援します。

Flow for Automotive:ノーコードのワークフローにより、車両の注文状況の更新や出荷遅延通知といった業務プロセスとシステム間の連携を容易化します。
Analytics for Automotive:専用ダッシュボードの提供により、自動車会社がビジネス状況をモニタリングし、改善するためのインサイトを提供します。



[画像2: (リンク ») ]


自動車業界は、デジタル化によって歴史的な転換期を迎えています。同業界では電気自動車時代の幕開け、D2C(Direct to Consumer)モデルによるオンラインでの自動車購入や、ネットワークを介したアフターサービスの提供など、多くのイノベーションが出現しています。一方、Salesforceが2022年に実施した調査「自動車業界のトレンド( (リンク ») )」によると、自動車を購入した顧客のうち、購入体験に十分満足していると答えたのはほんの1%にすぎません。また、オンライン販売にうまく適応していると考えている自動車メーカーとディーラーはわずか4分の1となっています。自動車代金支払いのタッチポイントであるカーファイナンス会社においても、顧客ごとにパーソナライズされたコミュニケーションを多様なチャネルで展開できている企業は26%にとどまっています。

このように、デジタル化がますます進むなか、パーソナライズされた優れた顧客体験を提供し、新たな収益源を特定し、確立させることが、自動車業界全体において急務となっています。そのためには、新しい販売・サービスモデル、コネクテッドカー、サブスクリプションといった新しい形態のサービスが生み出す膨大なデータを活用し、収益獲得の機会を創り出していくことが必要です。

Automotive Cloudの円滑な導入を支援する強力なSalesforceパートナーエコシステム

Salesforceには、自動車業界に関する独自の専門知識とソリューションを提供する広範なパートナーエコシステムがあります。Salesforceではパートナーと共に、日本でのAutomotive Cloudの円滑な導入と顧客の成功を実現してまいります。

[画像3: (リンク ») ]


詳細情報


Salesforce Automotive Cloudの詳細については、こちら( (リンク ») )をご覧ください。


Salesforceについて

Salesforceは顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、あらゆる規模や業種の企業がデジタルトランスフォーメーションを行い、顧客を360度で見られるよう支援しています。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

本プレスリリースやその他のプレスリリース、または公式ステートメントで言及された未提供のサービスや機能は現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。Salesforceのアプリケーションを購入されるお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。米国サンフランシスコに本社を置くSalesforceは、ヨーロッパとアジアにオフィスを構えており、ニューヨーク証券取引所ではティッカーシンボル 「CRM」 で取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セールスフォース・ジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]