人に「何となく押し切られない」ための5つのマインドハック

高橋美津 2012年01月11日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「交渉ごとが苦手」という人は、結構多いのではないでしょうか。ビジネスでの取引相手との交渉はもちろんですが、会社の同僚との「これ、やっといてくれない?」みたいなちょっとしたやり取り、大きな買い物をしたいときの家族との話し合いなど、普段の生活の中には、案外「交渉」の要素が多いものです。

 そうした場面が「苦手」という場合、考えられる原因として、これまでに「自分の考えをうまく伝えられない」「相手を説得することができない」「相手の意見に納得していなくても、何となく押し切られてしまう」といった経験が多かったのかもしれません。

 人に考えを伝えるためのスキルは、普段から意識して練習し、場数を踏んでいくことで向上していくものです。一方で「何となく押し切られてしまう」ことが多い場合は、性格的な問題もさることながら、もしかすると交渉や判断を行うときに働く「心理的なワナ」にはまっていることに、本人が気がついていないケースがあるかもしれません。

 この記事では、人が決断したり、交渉したりするときに、その過程を間違わせかねない「人間の心理的傾向」の中から、代表的なものを5つ、ご紹介します。いつも「何となく押し切られてしまう」という人は、最終的な決断の前に、自分がこの「ワナ」にはまっていないかどうか、確かめる習慣を身につけてみるといいかもしれません。

「なので」のワナ

 「この仕事、代わりにやっといて」と「この仕事、俺、手一杯なんで代わりにやっといて」。

 どちらも、他の人に自分の代わりに仕事をやってもらうためのセリフですが、おそらく実際に代わってもらえる確率は後者のほうが高いでしょう。前者と後者の違いは「〜なので」という、代わってもらわなければいけない「理由」が入っているかどうかだけです。

 しかしこの「〜なので」。かなり強力な心理誘導効果を持った言葉なのです。次の3つの文章を見てください。

  1. 「すみません……五枚だけなんですけど、先にコピーをとらせてくれませんか?」
  2. 「すみません……五枚だけなんですけど、急いでいるので先にコピーをとらせてくれませんか?」
  3. 「すみません……五枚だけなんですけど、コピーをとらなければならないので、先にコピーをとらせてくれませんか?」

 この3つの異なったセリフで、実際に先にコピーをとらせることに相手が同意する割合に違いがあるかどうかを調査した実験があります。1番目は「理由なし」、2番目は「理由あり」で、それぞれ承諾した人は1番目が60%、2番目は94%だったそうです。

 さて、問題は3番目。文章で見る限り、「〜なので」という表現はありますが、「コピーをとらなければならないので」は、「先にコピーをとりたい」ことの十分な理由にはなっていません。冷静に考えれば、1番目の「理由なし」と同じ程度の同意しか得られなさそうです。しかし実際には、2番目の文章とほぼ変わらない「93%」の人が同意したのだそうです。ちょっと意外ですね。

 もちろん、何でもかんでも「〜なので」が付いていれば同意してしまうというわけではないのですが、ある程度の条件がそろっている時には、「理由がないのと同然」の状況でも、「理由がある」のと同程度の同意を引き出せてしまうという事実は注目に値します。

 自分が承諾すべきと考えたその「理由」は、本当に妥当性のある理由かどうか。決断の前にもう一度考えてみるクセをつけておくといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化