Wi-Fi/VoWiFi PLANET Conference & Expo Japan 2005

株式会社アイ・ディ・ジー・ジャパン 2005年03月30日

開催場所: 東京ファッションホール (TFTホール)

開催日:  2005年4月20日~4月21日

申込締切日: 1970年1月1日

無線LAN標準規格Wi-Fiにフォーカスしたコンファレンス&デモ展

----------------------------------

情報技術・通信の発達の中でもとりわけ、米国電気電子学会(IEEE)の無線LAN標準規格IEEE802.11、Wi-Fi ALLIANCE(Wi-Fi)に対しての取り組みは世界各国において熱い注目を集め、この標準化の成果物(新製品)は新しいビジネスモデルを創出し現在も進化しております。また、無線LANは利便性の高さにおいて、抜群の投資対効果をもたらし、世界各国において導入を検討されている企業が多く存在します。

世界各国で開催されるこのイベントは、日本国内において、多くのユーザー企業の方々にご来場いただき大好評をいただいております。2004年4月に開催した本イベントでは、米国Wi-Fi ALLIANCEより、重鎮の第一人者である、Dr.AmerA. Hassan(米国マイクロソフト社)氏を招聘し、「ワイアレスセキュリティ最前線」と題し、「ワイアレスセキュリティビジネスモデルの提言」をご講演いただきました。無線LANを利用する上で、セキュリティへの取り組みは、現在も最重要課題であります。ユーザー企業に安心して利用していただく為にも、日々、優秀な技術者の方々の革新が行われています。

2005年4月、「Wi-FiPLANET Conference&Expo Japan2005」のイベントのテーマは、「The New Business Model of Development of Wireless LAN, and a New Revolution.」です。無線LAN802.11のテクノロジーの進化がもたらす、「新しいビジネスモデル、そして新しい革命!」を来場者の方々にご提案するイベントを目指します。現在、Wi-Fi ALLiANCEでは、「Wi-Fi CERTIFIED」(PCカードか同様の装置)の領域への取り組みのみならず、「3G・次世代4G」の領域への取り組み、「RFID」(無線タグ)との連携、そしてVoIPの拡がる世界によって、新登場する、「無線IP電話」(Wi-FiPhone)の領域の取り組みが加速しております。この新分野を今回のイベントのトピックスとして盛り込みます。さらに、今年、総務省が「5GHz帯を無線LAN用の新周波数帯に割り当てる施策」案を発表した事により、先行する米国同様、日本国内の企業も、これまで以上に大規模な無線LANシステムの構築や高速化が可能となります。米国では、すでに「WiMAX」としてトレンドを集めておりますが、WiMAXとの相互運用の可能性についてもこのイベントで取り上げます。進化するWi-Fi LANを備えた製品は、現在の企業ネットワークの拡張のみならず、ユーザー企業のワイアレス・ネットワーク・インフラストラクチュア投資に対して大きな効果をもたらし、新しいビジネスソリューションが登場する事を提案する場として展開します。

新しいシステム、ネットワークを構築する各製品の紹介や応用、セキュリティをさらに強化させた技術紹介、導入事例を多く紹介し、「ユビキタス」・「ワイアレス・ブロードバンド」時代に対応した、国内外のトップベンダーを一堂に集結させ、デモ展示、スポンサーセッション等のイベントで構成します。このイベントは、802.11を全世界的に啓蒙普及させ、また、地域の協会団体と密なリレーションをとってきた、米ジュピターメディア社との共同主催となり、国際色豊かな内容としてまいります。進化したWi-FiPLANETでは、世界各国で、「新しい無線LANの革命!」旋風を巻き起こしてまいります。

本イベントに是非ともご出展、ご支援いただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------

■会場 東京ファッションタウン(TFTホール)
■日程 2005年4月20日(水)・21日(木)/2日間
■時間 10:00~17:45 (受付9:30)
■主催 ㈱IDGジャパン/米国Jupitermedia社
■後援 米国大使館 商務部 / モバイルブロードバンド協会 / モバイルコンピューティング推進コンソーシアム

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR