IMlogic社「IM Manager」製品紹介セミナー ~企業内におけるインスタントメッセージング利用の起爆剤~

リアルコム株式会社 2005年05月30日

開催場所: リアルコム株式会社 会議室 http://www.realcom.co.jp/images/realcom_map.html 〒111-0052 東京都台東区柳橋1-4-4 ツイントラスビル6階 (JR総武線、都営浅草線 浅草橋駅 徒歩1分)

開催日:  2005年6月15日

申込締切日: 2005年6月13日

米国では、チャットに代表されるインスタント・メッセージング(IM)は、メールを超える重要なコミュニケーション手段として活用されています。その一方で、とりわけ企業内におけるIMの利用については、
・私的な利用が多く業務に支障がでるのではないか
・もしそうであれば使用を全面禁止すべきではないのか
・IMを経由したウイルスやワームの拡散への対策はどうしたらよいのか
・気軽に利用できる一方で、機密情報も容易に漏れているのではないか
・SOX法(企業改革法/SOX 法:Sarbanes-Oxley Act)のような規制との関連はどうなのか...
といった問題が懸念されており、これから利用していきたいと考える企業においても、二の足を踏む原因となっているのではないでしょうか。

当社がこのたび販売代理店契約を結びました、米国IMlogic社(IMlogic, Inc.)のインスタントメッセージ管理ソフトウェア「IM Manager(アイエム・マネジャー)」は、企業におけるIM活用を推進する、業界No.1の管理ソフトです。

>>> IM Manager 製品紹介ページ (リンク »)

主な特徴には、
・ウィルス対策やなりすまし防止といった「セキュリティ強化」
・情報漏洩、ログの取得、会話の閲覧といった「コンプライアンス対応」
・IMをコミュニケーション・インフラとして活用するための「総合管理機能」
があり、IM管理のオールインワン・パッケージとして高い評価を得ています。

日本においても、組織の壁を超えた自由なコミュニケーションを実現するためのツールとしてIMの可能性は大きく、その一方で個人情報保護法に代表されるセキュリティの強化など、企業ユースとしての情報管理基盤を作り上げる必要があるといえます。

今回のセミナーでは、これらの状況を交えながら、問題解決のためのツールの1つである IMlogic社製品「IM Manager」のご紹介し、また併せて弊社の今後の取組みについてもご紹介してまいります。

皆様のご来場をお待ちしております。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR