「情報資産の「漏えい対策」と「実践的活用」を考える! ~アイデンティティマネジメントとEIPによるIT基盤構築~」セミナー

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2005年07月28日

開催場所: 京セラコミュニケーションシステム株式会社 東京支社 東京都港区三田3-11-34(センチュリー三田ビル5F) <交通アクセス> 都営地下鉄浅草線 泉岳寺A4出口より徒歩3分

開催日:  2005年8月9日

申込締切日: 2005年8月9日

企業内に蓄積されている膨大な情報と知識を統合し、生産性の向上やビジネス上の意思決定支援、管理コストの削減を実現する企業ポータル。情報システムやコンテンツの統廃合が急速に進む中、企業ポータルへのニーズはますます増加しています。

しかし、企業の社会的責任やコーポレートガバナンスに対する要求が高まる中、企業システムには、これまで以上に「情報を安全に活用すること」が求められています。情報へのアクセスや業務プロセス管理の徹底といったリスク対策も考慮したシステム作り。つまり「いかに情報を活用しながら、同時にセキュリティレベルを維持するか」が重要なのです。

本セミナーでは、ID統合管理システムや企業ポータルの構築、または既存システムからのリプレイスを検討中のお客様を対象に、アイデンティティマネジメントとポータルで実現する企業情報漏えい対策と情報活用について、最新の事例・製品デモを交え紹介いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから