ファイル共有ソフトウェアによる情報漏えいの脅威とその対策

株式会社大塚商会 2006年03月29日

開催場所: 大阪

開催日:  2006年4月25日

申込締切日: 2006年4月20日

社会問題にもなりつつあるファイル共有ソフト「Winny」ユーザーのPCで
起こる情報漏えい事故。今回の一連の事故はいままで企業が取組んでいた
情報セキュリティ対策について大きな課題を衝き付けました。
WinnyのようなP2Pネットワークに個人情報や機密情報が流出してしまうと、
その情報は半永久的にネットワーク上を漂うことになり回収・消去はまず不可能です。

本セミナーではWinnyによる情報漏洩の仕組みを解説し、
企業がとるべき具体的対策をご紹介致します。

*セミナー終了後には、具体的な対策を実際にご覧いただけます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから