“緊急”Winny・不正アクセスから情報を守れ!被害にあってからでは遅すぎる。実践セキュリティセミナー

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年05月17日

開催場所: 東京

開催日:  2006年5月30日

申込締切日: 2006年5月30日

 個人情報保護法施行から1年が経過した今も、情報漏えい事件は後を絶ちません。
 経済産業省からは、具体的に「データベースへの不正アクセスの除去」「ウィルス感染による個人データの流出対策」について注意喚起があり、情報漏えいが発生した場合は厳格な対応が必要な旨、明文化されています。
 個人情報への関心が高まり、その適切な取り扱いが、法制面だけでなく企業の社会的責任(CSR)の観点から語られる現在、情報セキュリティの維持は、企業における最重要課題の一つとなっております。
 本セミナーでは、ファイル交換ソフト「Winny」による情報漏えい対策や、不正アクセスへの対策について、弊社サービスに基づく実践的な対策方法を紹介いたします。
 また合わせて、日本技術者連盟より講師を迎え、情報漏えいの現状と、国際的なプライバシー保護を目的とする第三者認証制度「TRUSTeシールプログラム」についてご紹介いただきます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!