IIJメールセキュリティセミナー メールセキュリティは『メール危機管理』へ ~いま知っておくべきメールセキュリティ対策の最適解~

株式会社インターネットイニシアティブ 2006年06月15日

開催場所: 東京

開催日:  2006年7月7日

申込締切日: 2006年6月30日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IIJメールセキュリティセミナー開催概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日 時 : 2006年7月7日(金) 14:00~17:20(開場13:30)
■会 場 : IIJグループ本社(神保町三井ビルディング)17F大会議室
■参加費 : 無料 (完全予約制)
■定 員 : 80名

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お申し込みはこちら
>> (リンク »)
※申し込み締切:6月30日(金)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※定員超過の場合は恐縮ですが抽選とさせていただきます。
※受講票をメールにてお送りします。当日ご持参ください。
※お申し込み状況により、同業他社様からのお申し込みはお断りさせて
いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

■プログラム:
……………………………………………………………………………………
14:00「ご挨拶」
……………………………………………………………………………………
14:10「IIJが考えるこれからのメールシステムのあり方」

迷惑メールやフィッシング、ボットネット、情報漏洩、内部統制など、メール
を取り巻く状況は以前とは大きく異なっています。このような背景を踏まえ、
将来的なメールのあり方はどうなるのか、またそれを支えるシステム要素はど
のようになるのかをご説明いたします。
……………………………………………………………………………………
15:00「迷惑メール対策 選択のポイント」

今年に入ってから迷惑メール対策を検討する企業が多くなり、IIJでも導入事
例が増えています。
迷惑メールの問題が深刻化する中、その対策検討の段階で見落としがちな
運用面の負荷、追加コストの考え方など、スペックシートからは見えない
選択のポイントをご紹介いたします。
……………………………………………………………………………………
15:50 -Break-
……………………………………………………………………………………
16:00「メールアーカイブの実際」

メール全文保管は、法制度の有無とは関係なく、リスクマネジメントの観点か
ら企業にとって必要不可欠な対策になっています。
本講演では、IIJの3年間にわたるメールアーカイブサービスの経験を踏まえ、
これからメール保管を行う場合の技術的な勘所や、運用まで考慮した適切な実
現方法についてご説明いたします。
……………………………………………………………………………………
16:30「IIJの最新メールサービス」

メールを取り巻く様々な課題やリスクについて、数年先まで正確に予測し、対
策を決めることが困難になってきています。
本講演では、IIJのメールサービスがお客様から高く評価されている理由、さ
らに、今知っておくべき大切な視点と、IIJの新サービスをご紹介いたします。
……………………………………………………………………………………
17:00 - Q & A -
……………………………………………………………………………………
※講演内容・講師は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※最新の情報はホームページにてご確認ください。

■詳細: (リンク »)

■お問い合わせ先:IIJ広報室内セミナー事務局
TEL:03-5259-6310
E-mail:seminar0607@iij.ad.jp

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR