◆ ユーザ企業様限定 特別セミナーのご案内◆ 製造業における”「現場主導型」SCM構築” ~事例にみる、成功のためのユーザ部門と情報システム部門の協創方法~

ウルシステムズ株式会社 2006年07月11日

開催場所: 東京

開催日:  2006年7月27日

申込締切日: 2006年7月26日

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
    ◆◇◆ ユーザ企業様限定 特別セミナーのご案内◆◇◆
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
         製造業における”「現場主導型」SCM構築”
  ~事例にみる、成功のためのユーザ部門と情報システム部門の協創方法~
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    2006年7月27日(木)14時~16時15分
    丸ビルホール&コンファレンススクエア8F Room3 にて開催
     
     ▼詳細・事前登録はこちら>>
      (リンク »)


  2000年問題を機に基幹システムをリプレースされた多くの製造業様では、
  パッケージによる支援領域には限界があり、ユーザ主導でのシステム開発
  の必要性が見直されています。
  また、昨今話題となっているJ-SOX法などによる内部統制の体制整備も法的
  に要求されており、この機に会計だけではなく、基幹系システム(特に、
  SCMに絡む販売・生産管理・物流といったサプライチェーンに関連する機能)
  を見直す必要性が増しつつあります。今後は、統制機能を維持しながら、
  コア業務を現場主導で作りこむことが成功の鍵となります。
  
  そこで、ウルシステムズでは、現場主導型のSCMシステム構築の事例を
  ベースにユーザ部門と情報システム部門の協創方法及び構築手法を
  ご紹介するセミナーを開催します。
 
  ご多忙中誠に恐縮ではございますが、是非ご参加賜りますよう
  宜しくお願い申し上げます。


━━━■□ 製造業における”「現場主導型」SCM構築”□■━━━

■日時:2006年7月27日(木)14時~16時15分
■参加費:無料(事前登録制)
■会場:丸ビルホール&コンファレンススクエア8F Room3
    (東京駅丸の内南口より徒歩1分)
■定員:30名
■対象者:製造業で以下ご担当の方
 情報システム部門の部門長及びリーダーの方々、経営企画担当の方
 SCMシステム構築に関わる現業部門(生産、調達、物流など)の
 プロジェクトメンバーの方

■講演
  1)「基幹システム構築における情報システム部門の役割」

    ウルシステムズ株式会社 代表取締役社長 漆原 茂

  2)事例1「こんなERP導入は失敗する!」
    
    株式会社シンクロン 
    営業本部ゼネラルマネージャー兼社長付 矢村 弘道
 
  3)事例2「三菱マテリアル様における現場主導のSCMシステム構築事例
       ~アジャイル開発で現場の満足度を高める~」

ウルシステムズ株式会社 ディレクター 河野 正幸


■詳細・事前登録(無料)
   (リンク »)
  (※事前登録は、ホームページとFAXにて受付中。FAX送付用紙は
    上記URLよりダウンロードできます。)

■事前登録締切:2006年7月26日(水)
  ※お申込み多数の場合は、抽選とさせて頂きますので
   予めご了承ください。
==============================================================
<お問合せ>
ウルシステムズ セミナー事務局
TEL:03-6220-1400 Fax: 03-6220-1401

<お申込み>締切:2006年7月26日(水)
(リンク »)
==============================================================

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?