UML & PatternWeaver セミナー~技術に品格が求められる時代の“見える化”ソフトウェア開発~

日本コンピューター・システム株式会社 2006年09月04日

開催場所: 大阪

開催日:  2006年10月5日

申込締切日: 2006年10月2日

ウェブサービスの技術に代表されるSOA(サービス指向アーキテクチャ)やビジネス駆動によるMDA(モデル駆動アーキテクチャ)などが新しい潮流として注目を浴びるいま、UML(Unified Modeling Language)は、現代のソフトウェア開発技術者の共通意思疎通基盤として、いよいよその重要度を増してきています。
 UML入門者の方から、より高度な活用を模索していらっしゃる方まで、UMLを用いたソフトウェア設計・開発にご関心をお持ちのエンジニアの方々は、ふるってご参加ください。
【大阪会場】
10月5日(木)13:30~16:30(受付開始13時)
日本コンピューター・システム株式会社 
大阪本社 16階セミナールーム
大阪市中央区城見1-3-7 (松下IMPビル)
【プログラム】
13:30~14:00 「ソフトウェア開発の品格 ~ CMMI を活かす ~」
      講演者: 日本コンピューター・システム株式会社 本部企画室
      コンサルタント 新保 康夫
14:10~15:40 「UML 最新技術動向」
     講演者: 株式会社テクノロジックアート テクニカルデプト
システムコンサルタント 橋本 大輔様 
15:50~16:30 「PatternWeaver 2.2 特徴と操作説明」
      講演者:日本コンピューター・システム株式会社本部企画室
          マーケティング担当リーダ 堀江 秀保 
【定員】30名
【参加費】無料

関連情報へのリンク »

日本コンピューター・システム株式会社の関連情報

日本コンピューター・システム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから