News2u スキルアップセミナー 『ニュースのつくり方』発想法セミナー ~あなたの会社のサイトに顧客が殺到する!~

株式会社ニューズ・ツー・ユー 2006年09月04日

開催場所: 東京

開催日:  2006年9月28日

申込締切日: 2006年9月28日

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃◆9/28開催 スキルアップセミナー◆
┃ 『ニュースのつくり方』発想法セミナー 
┃    ~あなたの会社のサイトに顧客が殺到する!~
┃  < (リンク ») >
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『だれも見ない広告、皆が注目するニュース!』現在、米国では「ニュース中毒」という言葉が流行っているそうです。
ネットの登場でメディアが増え、ますます情報過多が進む現代で、自己宣伝である広告は無視されるばかりか、嫌悪感さえ抱かれるようになっています。情報過多が一歩先行する米国で、ニュースしか注目されない状況は、日本にもまもなく到来するでしょう。こういった時代には、企業は「ニュースをつくること」が重要になります。

今回のセミナーでは、これまであまり語られることのなかった、

●「ニュースとはいったい何か?」
●「情報にニュース性を加えて価値を高める魔法の方法とは?」
●「ニュースを活用して自社サイトに顧客を殺到させるには?」

などをメインに講演いたします。
これからのマーケティングの主役、「ニュース」の活用と創造の方法、ニュース・マーケティングの手法などをわかりやすく解説します。また、後半では事前に募集した参加者からニュース作成にまつわるお悩みを、ランダムに講師がお答えする双方向の講座を予定しています。※寄せられたすべてのお悩みへの回答はお約束できませんのでご了承ください
講師には、日本で唯一のニュースをつくる!コンサルタント、ニュース・クリエイターの竹村徹也氏。


■開催日程    2006年9月28日(木)13:30~16:30

■講師       日本で唯一の【ニュースをつくる!クリエイティブなPR会社】
バンブークリエイティヴ 代表 竹村徹也 氏

■講座内容     [1] 史上初公開!ニュースのつくり方
1.ニュースをつくる【3つの原則】
    ~キリスト教が短期間で世界に広がった秘密はここにある!~ 
   2.あなたの会社や商品・サービスの【ニュースをつくる3大要素】
    ~これがわかるとあなたの会社のニュースがすぐにつくれる~ 
   3.単なる情報をニュースに変える!【ニュース性を高める15のポイント】
    ~ありふれた情報が一瞬でニュースに変わる魔法の方法を一挙公開~

  [2] 目からうろこ!プロのメディア活用法
1.究極のマスメディア活用法【15の手法】

   2.オピニオンリーダーを動かす【3つの秘訣】 

   3.自分の会社がニュース発信メディアになる!【自社メディア構築術】

 
[3] 顧客が殺到する!ニュース・マーケティングの秘密
   1.いまあるニュースを活用して顧客をガバッっと獲得する!
      【超かんたんニュース・マーケティング その1】
  
 2.自社のニュースを創造して誰にも邪魔されずに顧客を獲得する!
      【わがままニュース・マーケティング その2】



■会場 ニューズ・ツー・ユー本社 セミナールーム (変更の際はご案内いたします。)
住所:東京都千代田区一番町8 一番町 FS ビル 5 階

■定員         50名

■受講料     News2u会員企業:1名様 12,600円(受講料 12,000円+消費税 600円)
            一   般:1名様 15,750円(受講料 15,000円+消費税 750円)

■主催         株式会社ニューズ・ツー・ユー

■詳細とお申込    < < (リンク ») > >

関連情報へのリンク »

株式会社ニューズ・ツー・ユーの関連情報

株式会社ニューズ・ツー・ユー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから