徹底検証!Notesユーザーは本当にSharePointに移行できるのか

リアルコム株式会社 2006年11月14日

開催場所: 東京

開催日:  2006年12月13日

申込締切日: 1970年1月1日

Lotus Notes/Dominoは企業の情報共有基盤として圧倒的な自由度と柔軟性を誇り、数多くの企業の重要な経営資源として様々なビジネスシーンで活用され続けています。しかし、現在のNotesユーザーは、いくつもの課題に頭を悩ませていることも事実です。バージョンアップのみでは管理部門のコストや負担、ユーザーにおける情報共有の課題が解決できていないのが実情です。

そういう中、長年Notesに代わりとなる情報共有基盤がなかったため、バージョンアップをするか否かの選択肢しかありませんでした。しかし近年ではマイクロソフト社のSharePointを始めとする製品群を組み合わせてNotesを置き換える企業も出てきています。

本セミナーでは、Lotus Notes/Dominoユーザーの移行先としてのSharePointを事例を交えてコスト、リスク、バリューを踏まえて徹底検証をします。また、これからSharePointへの移行を検討されているNotesユーザー様向けの無償診断サービスもご紹介させていただきます。

詳細・お申込は (リンク ») からどうぞ

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!