CA ITIL ツールセミナー【ネットワーク可用性/キャパシティ管理】

CA Technologies(日本CA株式会社) 2007年01月23日

開催場所: 東京

開催日:  2007年2月16日

申込締切日: 2007年2月15日

◆◆ITILの実践をビジネス上のメリットに直結させるために◆◆

ITIL導入の目的は、ビジネス要件に基づくITサービスの最適化と運用業務の効率化です。
今IT部門がシステム全体のキャパシティ管理を考えるとき、ビジネスへ与える影響を考慮した管理と分析、プランニングが最重要課題となっています。
ITILの可用性/キャパシティ管理における課題に対して、テクノロジーの活用により可能となる様々な解決方法を、ご提案いたします。


- 2007年2月16日(金) -
14:30 - 開場・受付開始
15:00 - セミナー本編スタート
16:30 - 質疑応答
17:00 - 終了予定

詳細・お申し込みはこちら>> (リンク »)

関連情報へのリンク »

CA Technologies(日本CA株式会社)の関連情報

CA Technologies(日本CA株式会社)

CA Technologies(日本CA株式会社)の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?