国際会計基準に対応 コストを抑えたストレージ導入セミナー

EMCジャパン株式会社 2007年05月22日

開催場所: 東京

開催日:  2007年6月1日

申込締切日: 2007年5月31日

 2008年4月より、日本の会計基準が変わります。その中でも大きく変更されるのが、リースで導入した製品への会計処理方法です。
これまでは、資産として計上する必要が無かったリース物件も、今後は会社の資産として計上しなければならないケースが出てきます。
従来、リースを利用すれば、「初期導入費用を抑えることができる。」、「コストを把握しやすい」、「事務処理のアウトソーシングが可能」、 「オフバランス処理ができる」などのメリットがありましたが、会計基準が変更されると、このような恩恵を受けることができなくなる可能性が出てくるのです。

では、どうすれば、この問題を解決できるのでしょうか?

EMCの提供するグローバルファイナンスサービスをご利用いただければ、これらの問題を解決することができます。会社の経営に大きく関わるであろうITの支出。会社の資産である重要なデータを、柔軟かつ低コストで管理・運用できる方法を、ご説明いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!