(参加無料)PCIDSSによるコンプライアンス推進セミナー開催 ~国際基準PCIDSS今後の普及推進に向けて~

NTTデータ・セキュリティ株式会社 2007年06月13日

開催場所: 東京

開催日:  2007年6月29日

申込締切日: 2007年6月28日

このたび、NTTデータ・セキュリティは、インターネット セキュリティ システムズと共催で、PCIDSSによるコンプライアンス推進セミナーを開催致します。

PCIDSSとは、カード会員情報を保護し、不正利用やセキュリティ事故を防止する目的で、国際ペイメントカードブランド 5社が、共同で策定したクレジットカードの情報保護に関する国際基準です。

クレジットカード決済は、従来の店舗からInternetにも普及し、小売・流通・サービス・運輸業などの様々な業種から公金分野にまで裾野が広がりつつあります。カード情報を扱う加盟店にとってPCIDSSによるコンプライアンス推進は、個人情報保護への意識が高い消費者の信頼をさらに高め、同業他社との差別化にも貢献します。

セミナーでは、クレジットカード不正使用で増加する個人情報漏洩事故の発生状況や被害について、過去事例をもとに解説し、今までの推進協議団体PCISSC設立背景など、カードペイメントブランドが推進するPCIDSSの全体の動きをご紹介します。

さらに、PCIDSSに求められるセキュリティとは何か?PCIDSSの管理策や準拠のポイントを詳しくご説明し、SOX法などガバナンス先進国である米国事情なども参考にしながら、PCIDSS準拠への解決策についてご紹介します。
ご多忙かと存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

  (リンク »)

1.【開催日時】
    平成19年6月29日(金) 13:30セミナー開始~16:00セミナー終了 (13:00受付開始)

2.【開催場所】
    東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル30F
    INFORIUM カンファレンスルームB(定員:40名)  

3.【講演内容】

13:30~14:10

「PCIDSS普及活動とJCBの取り組み」
カード業界におけるこれまでのPCIDSSへの取り組みと今後のPCIDSS普及活動についてご紹介します。
    株式会社ジェーシービー 
    国際本部 国際インフラ推進部

14:10~14:50

「PCIDSSが求めるセキュリティ要件とは」
PCIDSSが求める管理策を、訪問調査を実施する認定監査人(QSAP)が説明し、要求事項のポイントをわかりやすく解説します。

    NTTデータ・セキュリティ株式会社 
    PCI推進室

15:00~15:50

「PCIDSSに求められる対応策とは」
ガバナンス先進国である米国のPCIDSS対応状況を踏まえつつPCIDSSが求める要件対応の進め方についてご紹介します。
    
    インターネット セキュリティ システムズ株式会社
    プロフェッショナルサービス本部

15:50~16:00 質疑応答
    
  ※プログラムは、一部変更になる場合がございますので、ご了承ください。
  (リンク »)

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから