「第59回ビジネスショー TOKYO 2007」出展のご案内

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2007年07月04日

開催場所: 東京

開催日:  2007年7月11日~7月13日

申込締切日: 1970年1月1日

伊藤忠テクノソリューションズは、来る2007年7月11日から13日まで東京ビックサイト・展示ホールで開催される『第59回ビジネスショー TOKYO 2007』へ出展いたします。また、最終日には、ロジスティクス・ソリューションエリアでの出展社プレゼンテーションセミナーでの講演も行います。

WITNESSは生産工程や物流・自動倉庫・サプライチェーン・ピッキングライン・交通・事務業務などの様々なプロセスを簡単にモデル化し、アニメーション表示によるシミュレーション実行状況の観察や、自動生成されるレポートを通して、プロセスを的確に理解・評価することができるツールです。

LVisionは在庫品のデータ、配置するエリアのデータを入力するだけで、面積効率や搬送効率を考慮したレイアウトを自動的に作成します。従来、熟練者が時間をかけて行なっていた、工場や倉庫内の複雑な在庫置場レイアウトであっても数分程度の時間で計算します。LVisionはレイアウト検討期間を劇的に短縮し、スペースの有効活用や構内物流作業の効率改善を支援するツールです。


スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。


【日程詳細】

・開催日程:2007/07/11(水) - 07/13(金)
        10:00 ~ 17:00
・開催場所:東京国際展示場「東京ビックサイト」
        東展示棟東2ホール
・東京ビックサイトホームページ:こちら (リンク »)
・弊社ブース番号:ロジスティクス・ソリューション エリア BL-20
展示会公式サイト (リンク »)

【セミナー概要】


*07/13(金) 15:40~16:40  
 出展社プレゼンテーションセミナー
 『シミュレーションによる生産品切り替え時の物流最適化検討』
  新製品の販売を開始した際、一時的に現行品との並行生産で生産品目が倍増します。その際の生産量の最適化及び在庫の最適配置化の実現を自動車業界を例に用いて説明します。


*07/11(水) 11:30~12:00
 オープンセミナー
 ・テーマ1  ;  生産・物流シミュレータwitnessを用いたSCM等の事例紹介
 ・テーマ2  ;  LVisionを用いた在庫置場の最適なレイアウト決定


【出展製品】
物流・生産プロセスシミュレータ <WITNESS>
倉庫レイアウト配置自動化・最適化 <LVision>


【お問合わせ】
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
製造ソリューション部
03-6203-7344

*ご入場の際には、ご招待券が必要になります。
  ご希望のお客様は下記フォームからお申し込みいただいけましたら、ご招待券をお送りさせていただきます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR