保守サービス業務改善セミナー - 保守サービス業務を可視化するソリューション -

株式会社富士通システムズ・イースト 2007年08月31日

開催場所: 東京

開催日:  2007年9月13日

申込締切日: 2007年9月12日

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

昨今の保守サービス業務におきましては、日々のお客様からの電話対応に追われ、情報共有が不足し、そのため可視化ができず、対応の遅れによる顧客サービスの低下を招く恐れが出始めております。そういった問題を未然に防ぐために各社とも検討・実施段階に入りました。
本セミナーでは、これら問題を事前に察知または、解決するソリューションのご紹介と携帯電話を活用して、付加価値を生み出しているお客様の事例をご紹介いたします。
つきましては、貴社における課題解決のヒントとしてお役立ていただければ幸いです。

ご多用とは存じますが、是非ともご来場賜りますようお願い申しあげます。


【お申し込み】
・Webによる申込み:
(リンク »)
※ 本申込ページではSSLによる暗号化技術を用いて安全性を高めています。


【開催場所】富士通プラットフォームソリューションセンター
⇒ (リンク »)


----------------------
【プログラム内容】

15時~ セッション1:保守サービスソリューションご紹介

[利益の可視化] [情報の一元管理] [コール内容の分析]
保守サービス業務については、日々の業務に忙殺され収益が詳細に可視化できないという実態に対して、「収益の見える化」にフォーカスした保守サービスソリューションをご紹介いたします。


15時55分~ セッション2:携帯電話を活用した営業・保守現場の改革

[携帯電話の最新活用シーン(動向・事例)]
携帯電話のビジネス利用が活発となってきており、営業業務や保守業務においては、さまざまな形で利用されてきております。最新の動向を含め、携帯電話を活用した事例のご紹介を実施させていただきます。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから