「統合バックアップソリューションの比較と市場分析」(非会員も参加無料:Linuxコンソーシアムサービス部会)

ファルコンストア・ジャパン株式会社 2008年02月27日

開催場所: 東京

開催日:  2008年3月11日

申込締切日: 2008年3月10日

最近、米国では連発的に受賞を頂いたり、フォーブス誌で全産業中で今後成長が早い技術企業の5位にランクインされたりなど、何かと話題があるファルコンストアCDPVAですが、3月11日にプレゼン&デモを行います。

※CDPVAとはVMwareと連携し、下記を実現する統合バック&リカバリソリューションです。

■対のバックアップサーバーが必要なく、統合型で複数のサーバーをサーバー停止なしでバックアップ&リカバリします。
■アプリやDB+データまで含んでスナップショットが完全静止点でスナップショットを取ります
   (実は他社ではなかなか完全静止点までは取れません)
■バックアップ時のサーバー負荷が軽減できます
   (差分バックアップのとり方が他社とは違うため、大幅に削減できます)
■他社の上限値である500GB~1TBを6TB/サーバーまで拡張できます
   (そもそも基本性能が違います)
■レプリケーション時の回線負荷が大幅に軽減できます
   (NTT東日本様の事例でご説明します)
■リカバリにかかる時間(RTO)が数分以内に短縮できます。
   (VMwareとの連携の賜物です!)

上記内容を下記のプレゼンテーションで技術的にも立証します。

 #CDPVAの詳細は (リンク ») をご覧ください
 #全米で連発受賞!CDPVA受賞記念キャンペーンについては (リンク ») をご覧ください。

当日のプレゼンの内容は下記のとおりです。

1.ストレージ市場、BCP、CDP最新市場データ分析
2.CDPVA製品概要&他ソリューション比較
  -RTO比較
3.テクノロジーハイライト
  -スナップショット・テクノロジーの違い
  -レプリケーション方式違い
  -世代管理についての違い
4.事例紹介
  -久米設計様(大手設計事務所様)
  -NTT東日本様
5.CDPVAデモ
6.Q&A

続いて第十八回サービス部会の開催概要は下記のとおりです。

日時:3月11日(火)16時~18時
場所:日立システム&サービス 品川本社
   ご案内図: (リンク »)
議題:
  各社のサービス内容のご紹介
   -ビジネスの「差」をつける
     統合型バックアップ&リカバリソリューションのご紹介
     ファルコンストア・ジャパン株式会社
      営業部 部長 吉政 忠志

   ※当日はNTTデータ先端技術様のプレゼン「astima開発サポート」(仮題)もございます。
     そちらも是非ご期待ください!!
    
  そのほか
   ・2008年度の計画について
   ・LinuxコンソーシアムDayに関する件

ご興味はある方は、以下のフォーマットに記入の上、Linuxコンソーシアム事務局(staff@linuxcons.gr.jp)迄、メールでお申込みいただきたくお願いします。尚、申込み確認メールは返信されませんので、直接会場までお越しください。

---------------------------------
件名:「サービス部会参加申込み」

会社名:
部署名:
氏名:
氏名ふりがな:
電話番号:
E-Mail:
---------------------------------

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?