InDesignとFrameMaker 8を有効活用するXMLソリューション  ~製造業のマニュアル、カタログの生産性向上とコスト削減編~

株式会社サイバーテック 2008年04月17日

開催場所: 東京

開催日:  2008年5月21日

申込締切日: 2008年5月19日

製造業において、マニュアル、カタログの生産(製作)をするにあたり、
データが散在している。データの連携がうまく取れないなどの問題を抱え、
コスト、人的負担など困っているケースなどはございませんでしょうか。
本セミナーでは、散在しているデータをXMLデータベースで一元化し、
そのデータをInDesign、またはFrameMaker 8を有効利用し、マニュアル、
カタログの生産性向上とコスト削減するソリューションのご紹介をいたします。

<アジェンダ>
(1)主催挨拶 
(2)これまでの、これからの製造業における印刷とは? 
予想される業務形態、背景、また課題とその効率をあげるためのヒント
・情報を部品化し、データベース化
・データの有効活用、InDesignとFrameMaker 8との棲み分け
(3)NeoCoreの紹介 
NeoCoreの製品紹介・XMLDBの特徴と紹介
XMLを効率的に管理し、実績豊富なXML専用のデータベース「NeoCore」をご紹介
(4)InDesignとProDIXを利用した自動組版したソリューションのご紹介
InDesignとProDIXを利用した自動組版ソリューションをデモンストレーションを通してご紹介
(5)FrameMaker 8のご紹介
FrameMaker 8のご紹介とFrameMaker 8を有効利用したソリューション
(6)質疑応答・個別相談

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから