DB監査とコンプライアンスの最新動向 ~ Imperva SecureSphereによる対策と事例 ~

東京エレクトロンデバイス株式会社 2008年06月10日

開催場所: 東京

開催日:  2008年6月18日

申込締切日: 2008年6月16日

コンプライアンスで先行している米国では、SOX対応が当初の文書化の段階を終わり、第二段階に入っています。

また、TJXをはじめとする大規模情報漏洩事件を契機に情報漏洩対応が急務となり、PCI DSSによるより具体的な規制対応も本格化しています。
その中で機密データや財務情報が保存されるデータベースのセキュリティは一つの焦点となっており、より実用的な監査ログの保存、データ変更の監視、データ漏洩の事前防止が導入されています。

そこで今回は米国Imperva社より講師を招き、コンプライアンス最新事情と、より強化されたSecureSphereのDB監査とセキュリティの最新機能を紹介します。

【講演】米国におけるコンプライアンス最新事情《逐次通訳》
Mark Kraynak - Senior Director, Strategic Marketing, Imperva Inc.

主催:東京エレクトロン デバイス株式会社
協賛:Imperva Japan

Imperva SecureSphere 製品情報 (リンク »)

関連情報へのリンク »

東京エレクトロンデバイス株式会社の関連情報

東京エレクトロンデバイス株式会社

東京エレクトロンデバイス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!