ホワイトペーパー

Impervaのデータセキュリティとコンプライアンスのライフサイクル

株式会社アークン 2008年12月13日

高度な規制の下にある今日の事業環境では、会社は、データ統制、データ防御および産業界の規制を含む、数多の異なる規制を遵守することを迫られています。データ統制の規制はITアプリケーションデータ、特に財務記録の完全性、に関係します。データ統制の規制は、データ変更/データアクセスを効果的にコントロールすることによって、その悪用および誤用を防止することを目的としています。他方、データ防御はデータの紛失、盗難または破壊を防止することを目的としています。個人データおよび個人特定可能情報はデータプライバシースタンダードの体系の対象となります。

これらの異なる規制に1つ1つに対処しようとすると、どんなに大きく効率的な組織にとっても、法外な費用が掛かります。お客様が完全なコンプライアンスソリューションを達成できるようにするために、Impervaは、組織が様々な規制とスタンダードのコンプライアンス要件を満たすための活動を行う際に遭遇する諸困難を緩和できる統制プロセスを作成しました。この白書では、Impervaのデータセキュリティとコンプライアンスのライフサイクルについて詳述し、組織の規制のコンプライアンス活動がSecureSphere製品によりどのようにして容易なものとなるかを記述します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)