ホワイトペーパー

CMSはWeb2.0時代のコミュニケーションツール

株式会社アシスト 2006年12月26日

企業内外のコミュニケーション機能が統合されていないと、経営方針の理解促進、企業市民としての情報開示、組織内での情報共有などに温度差や不整合がおこり、企業としてリスクとクライシスの可能性が内包されてしまう。これらを回避するためには新たなコミュニケーション戦略が不可欠となる。
統合マネジメントすべき対象は、コーポレート・サイト、IRサイト、記者向けサイト、社内にP2P環境を実現するコーポレート・イントラネットなどと社内外すべてのコミュニケーションである。

Webコミュニケーション機能を再構築し新たな戦略を実現するには、広報部門と情報システム部門の連携体制が不可欠である。また、誰でもWebサイトを更新ができるCMS(コンテンツマネジメントシステム)がファーストツールとして必要不可欠となる。

ここでは「WEB STRATEGY Vol.4」(MdN)に掲載された株式会社アシスト、コンサルティング事業部シニアコンサルタントの奥田隆介のインタビュー記事をダウンロードできる。
企業コミュニケーションにおけるCMSの役割を紹介しているので、CMS活用の際の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)