ホワイトペーパー

ネット変革期のウェブ・ブランディング

株式会社アシスト 2007年03月30日

ウェブは依然としてブランディングの一手段に過ぎない。企業としてユーザ満足をより高める
取り組みこそが必要である。そのためには、ユーザとはそもそも誰なのかという問いかけまで
立ち戻る必要がある。しかもユーザの多様化というのは顧客の多様化だけを意味するのではない。パートナーや株主、社会といったマルチ・ステークホルダーへの対応が求めらる。その際の必要
な取り組みは次のようなものになる。

1.顧客以外のステークホルダーも含め、誰とどう向き合いどうなってほしいのかをきちんと議論(情報共有)すること。
2.B2CでもB2Bでも多様化しているユーザ満足を高める仕組みや提案があること。
3.ステークホルダーとの関係性をマネジメントし超潜在顧客をファンにすること。例えばCSR(企業の社会的責任)活動の推進など。

ここでは、株式会社アシスト コンサルティング事業部 シニア・コンサルタント 矢野勝彦のレポートをダウンロードできる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)