ホワイトペーパー

【事例】世界的なコンサル企業の会議は何が違うのか?情報活用を支えるSAPのデジタルソリューション

SAPジャパン株式会社 2016年11月27日

南北アメリカ、アジア、ヨーロッパに700社以上のクライアントを抱え、4,300名規模のコンサルタントによるプロフェッショナルサービスを提供しているるアビームコンサルティング。同社は、日本を本拠地とする グローバルIT/ビジネスコンサルティングファームとして1981年に設立されました。
世界的なコンサルティングファームとしての地位確立に向けて拡大を続けるアビームは、グローバル規模で情報の可視化、財務計画、予測精度を強化するとともに、グローバル/ローカルプロジェクトに関わるリスクを 評価する方法を模索していました。
そして同社が目標達成に選んだのがSAP® BusinessObjects™ CloudソリューションとSAP Digital Boardroomです。
本資料はアビームコンサルティングの持っていた課題、そしてなぜSAPを選んだかを紹介します。

《関連資料》
IDC調査:ビジネスアナリティクスのクラウド化による意思決定の変革―その促進と障害となる要因

●SAP BusinessObjects Cloud
意思決定に必要なアナリティクス機能をワンストップで!クラウドで実現する共通情報解析基盤

社員全員がデータを共通言語にできる!FAQ方式で簡単にわかる理想的な情報活用環境のつくりかた

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)