ホワイトペーパー

【Symantec Client Security】データシート : ウイルス対策/ファイアウォール/侵入防止

株式会社シマンテック 2006年06月30日

 ネットワークに接続しているだけで感染するウイルスによる被害は依然として後を絶ちません。また、ユーザーが感知しないところでハードディスク上のファイルを添付してメールを発信するウイルスも増えています。ウイルスによるメール発信には、特に情報漏えいのリスクが伴います。しかし、ゲートウェイのファイアウォールでは、社内から送信されるメールがウイルスによるものなのかを容易に識別できません。社外に持ち出されるノートPCは、ゲートウェイのファイアウォールによる保護を受けずにインターネットに直接接続されるため、さらなるリスクに曝されています。また、社外でウイルスに感染した後に社内LANに接続されることにより、ウイルス拡散の発信源となってしまうケースも発生します。社内ハッキングや、プライバシー情報などを盗み取る悪意あるWebコンテンツやスパイウェアも増加しています。
 このようなさまざまなクライアントのセキュリティ問題に対するソリューションとして、クライアントPCごとに搭載するファイアウォール、すなわち、クライアントファイアウォールを従来のウイルス対策に統合するニーズが高まっています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)