ホワイトペーパー

Dynamic Storage Tiering(DST)の活用方法 Veritas Storage Foundation を使って多層オンラインストレージを最大限に活用

株式会社シマンテック 2007年02月01日

Symantec Yellow Bookの『Dynamic Storage Tiering(DST)の活用方法』では、企業が利用可能なテクノロジや設定オプションをどのように有効活用すれば、代償の管理コストを発生させることなく、データセンターでの Linux、Solaris、HP-UX、およびAIX システムのオンラインストレージ費用を大幅に縮小できるかという課題を検討します。本書は、1 つ以上のデータセンターで 1 TB 以上のオンラインデータ機能を取り扱うデータセンターのニーズに対応します。本書では、多層ストレージの価値ある提案、Storage Foundation ソリューション、Dynamic Storage Tiering(DST)機能について説明し、最適な事例、推奨される使用方法、詳細な技術ガイドラインを提供します。この章に続く本文は、大きく 3 つの節に分かれます。1 番目の節は、第 2 章から第 6 章までで、Veritas Multi Volume ファイルシステムと DST 技術について説明します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)