ホワイトペーパー

【導入事例】株式会社浅野歯科産業 最小限のコストで業務データを有効活用

株式会社セールスフォース・ドットコム 2006年03月24日

 歯科医療費の機械や機材、材料を取り扱う商社は全国で800社以上に及ぶ。その中で業界第5位の売り上げを誇るのが、金沢に本社を置く朝の歯科産業だ。
 創業48年の歴史を持つが、戦前の創業が多い歯科専門商社の中では後発にあたる。差別化を図るために、数十年前はシェア2%しかなかった輸入レントゲン機械をいち早く取り扱うなど、同社は常に新しいことにチャレンジしてきた。歯科用コンピュータシステムの開発にとりくんだものも早く、歯科用カルテ作成システムでは台数シェアもトップクラス。マネジメント系ソフトの開発にも力をいれ、歯科向けのITソリューションを全国展開中だ。営業を強化するために、同社は2005年6月にCRMサービス「Salesforce」を導入。4ヵ月後には効果が目に見えて現れ始めたという。

<情報システムの運用コストを約1000万円削減>

■導入前の課題■
①システム管理専任の人材を置かず、現場に人的リソースを集中させたかった。
②システム構築を外部に依頼するのは、コストや開発スピードの点で問題があった。

■導入後の効果■
①導入コスト、運用コストを大幅に削減できた。
②平均5日だった商談期間が同3日に短縮された。
③システム管理専任の担当者がいなくても、短期間かつスムーズにカスタマイズが行えるようになった

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)