ホワイトペーパー

ディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社、東京・大阪のコンタクトセンターを1つにバーチャル化して放棄率を低減

日本アバイア株式会社 2005年11月09日

 ディー・エイチ・エル・ジャパン(DHLジャパン)では、顧客企業からの電話受付業務を担う東京、大阪のコンタクトセンターの改革にチャレンジ。

 電話のつながりやすさや顧客対応品質の向上などを図るため放棄率0.1%の目標を掲げ、エージェント、プロセス、ITインフラの各側面からコンタクトセンターの機能を強化している。

 その基盤としてアバイアのIPコンタクトセンター・ソリューションを導入し、両コンタクトセンターをバーチャルに一元化。

 DHLが提供する国際航空貨物のエクスプレス輸送サービス同様に、安全、確実、スピーディな顧客対応を可能にしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)