ホワイトペーパー

内部統制データ管理基盤構築に貢献するシングルアーキテクチャテクノロジ

ネットアップ株式会社 2006年10月31日

 内部統制システムの構築を長期的視点で考慮した場合、現在の課題に対するポイントソリューションとして導入したストレージが、将来のIT全般統制を支える統合データ管理基盤にまで繋がることが重要となる。

 用途(プライマリ、ニアライン、アーカイブ、改ざん防止)や規模(部門レベルでの利用からデータセンターまで)によってアーキテクチャが異なるストレージプラットフォームの利用は、管理者の技術スキル・経験の再利用・共有化を阻害し、管理・運用を煩雑にしてIT全般統制システムの構築に悪影響を及ぼす。

 単一プラットフォームでマルチプロトコル(FC-SAN, iSCSI, NAS(NFS, CIFS) を実現し、ハイエンドからローエンド、プライマリからニアラインまで、用途・規模を問わず全ての機能を利用可能にし、内部統制強化に真に貢献できるデータ管理基盤を実現するシングルアーキテクチャストレージ。その根幹を成すOSの利点と技術概要について紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)