ホワイトペーパー

FioranoMQ による金融トレーディングのメッセージング バックボーン

フィオラノ ソフトウェア 株式会社 2008年05月22日

FinScope 社は、予測計画に基づいて為替取引を自動化するシステム “Sabre” を、金融トレーディングにおける売り手側 (sell-side) の 2 次および 3 次の取次ぎ業者に提供しています。この Sabre システムは、売り注文の受注プロセスを自動化するもので、買い手側 (buy-side) の大企業との間の競争力ギャップを埋めることを狙っています。Sabre システムは、分散された多階層の Java コンポーネントから成っています。FioranoMQ は、これらのコンポーネントを結びつけるバックボーンとしての機能だけでなく、コンポーネント間のメッセージ転送速度、メッセージ配信の保証、高可用性などの FinScope 社が定めたパフォーマンス基準をも満たしており、このことが採用にいたった大きな理由となりました。

FinScope が Fiorano を選択した理由
FinScope 社は様々な JMS 製品を厳密に評価した結果、FioranoMQ が高いスケーラビリティと、
高負荷にクラッシュすることなく耐え得る処理性能を兼ね備えた唯一の JMS 準拠製品であることを
確信しました。FioranoMQ だけが、FinScope の要件をすべて満たす製品だったのです。

このケーススタディでは、FioranoMQ のメッセージ配信性能、負荷分散機能、HA (高可用性) 機能についても説明しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)